お買いモノ

仕事にも旅行にも使えるちょうどいいバックパック12選

 昨今、職場での服装の自由度が増したことや、両手が空くなどの利便性の高さからバックパックでの通勤スタイルが年々増加。そこで今回はPC収納、黒、ジップタイプなど、5つの条件から仕事はもちろん、旅行にも使えるバックパックをセレクト!大容量ながらもスタイリッシュに見えるデザインおすすめアイテムを紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

目次
ON/OFFで使いたい!選ぶ際の条件は?
機能性抜群!信頼のアウトドアメーカーのバックパック
バックパックといえばこのブランド
スーツスタイルにもフィットするスタイリッシュなデザイン

ON/OFFで使いたい!選ぶ際の条件は?

 バックパックと一口で言っても無数のバリエーションがあります。そこで今回は、「仕事にも旅行にも使える!」というテーマを踏まえ、筆者の独断と偏見で下記の項目を条件に商品をセレクトしました。

  1. カラー:ブラック
  2. サイズ:容量20L〜40L
  3. 収納:PCコンパートメント
  4. 素材:撥水加工
  5. 仕様:ジップタイプ

1. カラー

 どのスタイルにも合わせやすく、ビジネスシーンでも使えるブラックのアイテムをセレクト。無難ではありますが、メンズ・ウィメンズどちらにもハマり、スタイリッシュに見せるには間違いないのもこの黒です。汚れが目立たないのも嬉しいポイント。

2. サイズ

 小さ過ぎず大き過ぎない20リットル〜40リットルのものを選択。一般的に1泊2日は25リットルほどあれば足りると言われているため、最低20リットルは欲しいところ。逆に大き過ぎるとバックパッカー感が出てしまいワークスタイルでは野暮ったく見えてしまいます。

3. 収納

 仕事用バックパックで欠かせないのが、お仕事道具の必需品であるラップトップパソコンを保護するためのPCコンパートメントがついていること!これがあれば多少の衝撃を受けても安心です。

4. 素材

 雨の日でも中のものが濡れずに済むように水を弾くタイプをセレクト。防水まではいかなくとも撥水性は最低限欲しい機能の一つです。

5. 仕様

 今回は開閉が楽なジップタイプのものを選択。フラップタイプはギア感が出てしまうのと、ハーネスやストラップ、ロールトップは開閉は片手では難しい点から今回は除きました。

 以上、5つの条件を満たすバックパックを「アウトドアメーカー」「バックパックブランド」「スーツにも合うデザイン」の3つのトピックで紹介。重量や素材、大きさやデザインから自分好みのバックパックを探してみては?

機能性抜群!信頼のアウトドアメーカーのバックパック

THE NORTH FACE

THE NORTH FACE BC Fuse Box II ¥17,600

 「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」からはシティ感のあるボックス型のロングセラーバックパック「BCヒューズボックス 2」をセレクト。型崩れしないようにボトムにはパッドが敷かれており、ジッパーが水平で口が大きく開くので物の出し入れがしやすい設計です。

容量:21-30L
重量:1180g
サイズ(縦×横×幅):46×33×15
素材:TPEファブリックラミネートポリエステル100%

GREGORY

GREGORY キャンパスデイL ¥18,700

 「グレゴリー(GREGORY)」の新作「キャンパスデイ」はその名の通り、学生のキャンパスライフにちなんだネーミングですが、大人でも使えるクラシックなデザインと申し分ない機能性を持ち合わせたバックパック。フロントポケットや両サイドのボトルポケットなど外側と内側合わせて7個のポケットで十分な収納力も確保しています。

容量:21-30L
重量:680g
サイズ(縦×横×幅):47×37×17
素材:420Dパッククロスナイロン

Columbia

Columbia アトナダッシュ 30L バックパック ¥14,190

 今回フラップタイプは除外していますが、「コロンビア(Columbia)」のバックパックはフラップを開閉しなくても左サイドのファスナーからダイレクトにメインコンパートメントにアクセスできるデザイン。ナイロンの5倍の強度を持つバリスティックナイロン製で耐久性も抜群です。

容量:30L
重量:1080g
サイズ(縦×横×幅):51×29×20
素材:1682D バリスティックナイロン

BURTON

バートン TRAVERSE PACK ¥14,300

 「バートン(BURTON)」のTraverse Packは仕事にはもちろん、出張時の機内持ち込み用のトラベルバックとしておすすめ。スリーブに収納したPCは外側ポケットからダイレクトですぐ取り出しが可能で、面倒な飛行機の荷物検査や電車の移動時にも出し入れが楽です。コンパートメントも外内ポケットも多めで、シューズポケットも付いているところも◎。

容量:35L
重量:1200g
サイズ(縦×横×幅):52×31×26
素材:1682D バリスティックナイロン

MAMMUT

MAMMUT セオン トランスポーター ¥21,450

 「マムート(MAMMUT)」は無駄を削ぎ落としたボックス型のミニマルバックパック。最大の特徴は2つのテーマを持ったコンパートメントを備えている点です。「ワーク」はオフィスワークに必要なPCや書類などを収納し、「クライム」ではシューズをはじめ、ジムで必要な用具が収納できる設計になっており、ONとOFFで使える仕様に。ミニマルな見た目からは想像のつかない高い収納性で、ポケットの数はなんと12個!ジッパーはフルオープン仕様でハンドルは2方向に付いています。

容量:26L
重量:990g
サイズ(縦×横×幅):49×30×16
素材:600D ポリエステル

FJALLRAVEN

フェールラーベン RAVEN28 ¥14,300

 キツネのロゴで知られる「フェールラーベン(FJALLRAVEN)」はテントにも使用される耐久性の高い独自素材 G1000 Heavy Dutyを使用したバックパック。ブランドの人気シリーズ「カンケン」と比べても収納量は桁違いで、ポケットの数は12個という多さです。コンパートメントはフロントとメイン、PCの3つに分かれており奥行きがあります。持ち手とワンポイントにあしらわれたレザーがクラシックなデザインで、半永久的に使えそうなバックパックです。

容量:28L
重量:965g
サイズ(縦×横×幅):49×31×28
素材:G1000 Heavy Duty(ポリエステル 65%、綿 35%)

バックパックといえばこのブランド!

JanSport®

ジャンスポーツ リュックサック ライトパック ¥11,000

 オーセンティックなデザインでファンも多い「ジャンスポーツ(JanSport®)」からはアイコンでもある「ライトパック」をセレクト。学生っぽいイメージが強いジャンスポーツですが、こちらのデザインは丈夫でバックパックの素材では定評のあるコーデュラナイロンとスエードのコンビネーションが大人な雰囲気を纏います。軽量なのもポイント。

容量:31L
重量:600g
サイズ(縦×横×幅):46×33×21
素材::915D コーデュラ、スウェードレザー

OUTDOOR PRODUCTS

アウトドアプロダクツ リュック フォークォーターズ ¥6,490

 とにかく外側ポケットがたくさん欲しいという人にオススメなのが「アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)」のフォークオーターズ。その数、背中の隠しポケットを入れて7つ!バッテリーやイヤホンなどのガジェットや、カードやミントタブレットなど用途別に使うことができて便利です。価格が1万円以下なのも嬉しいですね。

容量:25L
重量:580g
サイズ(縦×横×幅):45×30×15
素材:600D ポリエステル

スーツスタイルにもフィットするスタイリッシュなデザイン

AS2OV

アッソブ 防水 2WAY バックパック ¥38,500

 日本のバッグブランド「アッソブ(AS2OV)」は機能性を突き詰めたON/OFF兼用のボックス型のバックパック。素材はコーデュラ素材に特殊透湿防水フィルムのL-VENT®をラミネート加工することで雨水を通さないほどに耐水性を高め、トリコットナイロンを張り合わせた3レイヤー構造という仕様。前ポケット、サイドZIPポケットにもシームテープ加工が施されている徹底ぶりです。ストラップショルダーは背面に収納することが可能でブリーフケースとしても使えます。モノクロのファンクショナルなデザインなのでスーツに合わせても。

容量:28L
重量:1170g
サイズ(縦×横×幅):46×29×13
素材:305D コーデュラ



PORTER

PORTER 2wayリュックサック ¥20,350

 「ポーター(PORTER)」からは工具用バッグなどをモチーフにしたワークテイストに、スポーティーさを掛け合わせた「ユニオン」シリーズのバックパックをピックアップ。コットンよりも軽量で、色落ちがしにくい特性のあるポリエステルキャンバス生地を丁寧に縫い上げ、見た目も屈強なデザインです。持ち手も丈夫で幅が広いのでバックパックと手持ちの2WAYで使えます。

容量:26L
重量:1030g
サイズ(縦×横×幅):32×44×14
素材:ポリエステルキャンバス

CHROME

クローム リュックサック/バックパック HIGHTOWER ¥23,100

 メッセンジャーバッグで知られる「クローム(CHROME)」がビジネス向けに生み出したコミューターバッグシリーズのハイタワーは、縦型がシャープなシティ感溢れるバックパック。コンパートメントは3つあり、PCスリーブは厚めのパッド入りで安心です。縦横の2WAY仕様。

容量:23L
重量:1650g
サイズ(縦×横×幅):51×30×17
素材:1680D バリスティックナイロン

Incase

インケース EO Travel Backpack ¥34,650

 「インケース(Incase)」のバックパックはスーツケースのように開閉ができ、衣服の収納も楽チン。短期間の出張であれば預け荷物なしでこれ一つで搭乗、出国手続きの待ち時間も短縮できます。また360度のジップを開ければ奥行きが拡大でき、収納量が35%もアップ。シームレスなデザインですがフロントには6つのポケットがあり、Apple公認ブランドなだけあってMacBookやiPadなどガジェットの専用収納ポケットも備わっています。

容量:23L
重量:1380g
サイズ(縦×横×幅):49×30×14
素材:900デニールコットンポリエステル

 黒のバックパックと言えど、バリエーションは様々。個人的なニーズから週末時の旅行や出張でも1泊分の荷物が収納できるほどの容量とPCコンパートメントはマスト条件にさせていただきました。セレクトしたものを一覧で見ると収納の機能性に加え、スタイリッシュに見えるという視点でピックすると、やはりボックス型が大半を占めるという結果に...。デザインやスペックを見比べて自分のお気に入りのバックパックを探してみてください。

※表示価格は全て各サイトにおける販売価格を反映しています。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング