現役東大生×若手デザイナー吉田圭佑、東大生向けブルゾン製作プロジェクトを始動

ビジュアル
ビジュアル

 CAMPFIREのファッションに特化したクラウドファンディングサービス「クロス(CLOSS)」の新プロジェクトとして、現役東大生と「ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」デザイナー吉田圭佑の共同開発による東大生向けオリジナルブルゾン製作プロジェクトが始動した。プロジェクト実施期間は3月30日まで。

 吉田圭佑は、「東大生であることにもっと自信を持ちたい」といった学生の要望を取り入れながらモダンなブルゾンをデザイン。胸にはペンポケットのほかに、胸ポケットのフラップをめくると学生証を提示できるパスケースを施し、ボタンには「TOKYO UNIVERSITY」の文字をあしらった。フードはチャックで開閉できるようになっており、取り外すこともできる。1口3,000円から出資を募り、リターンとして中学生や高校生向けの「勉強法アドバイス、受験生応援60分」(3,000円)や「家庭教師指導4時間」(1万円)、「カスタム刺繍入り東大カレッジブルゾン10着セット」(35万円)など、様々なプランを用意。ビジュアルのモデルには筒井のどかとフジエタクマを起用し、若手写真家の草野庸子が撮り下ろした。