南町田駅前「グランベリーモール」跡地を再開発、駅や公園と融合した新商業施設へ

南町田拠点創出まちづくりプロジェクト
南町田拠点創出まちづくりプロジェクト
画像: 東急電鉄

 東急電鉄が、閉館した田園都市線南町田駅前のショッピングセンター「グランベリーモール」の跡地にオープンする新商業施設の概要を発表した。

 「グランベリーモール」は、東急電鉄と町田市が共同で推進する「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」の一環で2月12日に閉館。同計画では、駅や公園、商業施設の周遊性向上および周辺環境と調和した商業施設の創出を目的に敷地を再整備する。

 新施設のコンセプトは「生活遊園地~くらしの『楽しい』があふれるエンターテイメントパーク~」とし、食や遊び、ライフスタイルなどをテーマにした体感型施設や商業施設など、豊かな自然を感じながら異なる楽しみ方ができる7つの広場から構成。敷地内は2層または3層を中心としたオープンモール型で、駅からの周遊性を高める歩行者ネットワークを整備する。商業施設にはグランベリーモールの2倍となる約200店舗を集積。グランベリーモールで好評だったアウトレットエリアを拡充するほか、ライフスタイル提案型の物販、飲食店などが出店する。また、同時期に南町田駅のリニューアルを実施。公園や商業施設と融合した開放的な駅空間に仕上げ、安全性と利便性の向上を図るという。新施設の開業時期は2019年度を予定している。

■グランベリーモール、地元民に惜しまれながら閉館
南町田駅前「グランベリーモール」が閉館 2019年に新施設開業へ