「エネルギーを守ろう」井浦新がファッション業界に呼びかけ

井浦新
井浦新

 ファッション業界で省エネ活動を推進していく新企画「SAVE THE ENERGY PROJECT」が立ち上がった。ファッションウィーク「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2016 A/W」の期間中、井浦新氏がアンバサダーとなってローンチイベントが開催され、柿本ケンサク氏が制作した日本のデニムと省エネに関する映像が公開された。

 「SAVE THE ENERGY PROJECT」は、経済産業省資源エネルギー庁が中心となり、ファッションに関わる分野での省エネルギーの取組みや、そこから生まれた製品・流通・サービスを推進する企画。「生活者の省エネ力」を上げることを目的に、初年度は日本が世界に誇る素材で独自の省エネ活動に取り組んできた「デニム」を通じて課題を投げかける。プロジェクトでは省エネ活動に関するロードマップを策定し、定期的にプレゼンテーションを行うなどして認知を広げていく。

 自身でもブランド「エルネスト・クリエイティブ・アクティビティ(ELNEST CREATIVE ACTIVITY)」のディレクションを手がけるなどファッション業界に精通している井浦氏は、ローンチイベントで廃材を紡いだカイハラ製のデニムジャケットを着用して登場し、来場者と対話形式でプロジェクトについて説明した。「ファッションの分野は最先端なのに一番遅れている」と現状を話し、「早くて安いものづくりは時代遅れ」だと宣言。「本当にかっこいいものは何なのか考えよう。人や環境のためのもの作りで未来につなげていこう」などと呼びかけ、「SAVE THE ENERGY」の重要性を訴えた。この日発表されたロゴマークは省エネルギー製品に対してつけられたり、直接消費者が手にする物を通じてプロジェクトが広がっていくことを目指すという。