TSIが30〜40代女性向け高感度ブランド強化 セレクトショップなど運営する2社を買収

 TSIホールディングスが2月26日、アナディスおよびシェ・アナンの2社の全株式を取得し完全子会社化することを発表した。2社は、都市型ファッションビルを中心にアパレルセレクトショップ「アンシェヌマン・ミニョン(enchainement mignon)」をはじめ、他3業態を含む14の直営店を運営している。

 子会社になる2社のうちアナディスは、豊田通商の完全子会社でファッションブティック「ラスティーク(LUSTHEQUE)」を運営していたビスケーのグループ会社。商品の製造と販売の中核的な役割を担い、一方のシェアナンは商品企画やバイイングを主に行っている。他にも共同運営により、百貨店やセレクトショップへの卸販売、OEMやODM供給も手がけ、「今後成長が期待できる」と見込む30〜40代の高感度な女性を顧客に抱える。

 TSIでは中期経営計画の成長戦略として、ファッションが軸足の積極的なM&Aを掲げており、今回2社をグループ化することで、ブランドポートフォリオを強固にすると共に、経営資源を投入して両社の事業の発展を図る。さらに、両社の企画力や生産背景を活かした業態の拡大にも取り組んでいく。