新しい財布の形を提案、メタル製ウォレット「ザ・リッジ」が日本初上陸

the RIDGE
the RIDGE
画像: グレイシーズ

 米国で人気のメタル製ウォレットブランド「ザ・リッジ(the RIDGE)」が、日本初上陸した。2012年、2013年の二度にわたって目標金額の約2,000%超を達成し、現在も本国では数か月待ちの状態が続く人気商品で、国内は海外商品輸入総代理業務を行うグレイシーズが正規輸入総代理店として展開。7月8日から東京ビッグサイトで開催される「DESIGN TOKYO」で初めて展示販売される。

 ザ・リッジは、ズボンの前ポケットに収まるよう設計されたウォレットで、ネットでは紙幣をホールドできるキャッシュストラップやマネークリップ付きなども販売されている。材質はアルミニウム・チタニウム・カーボンファイバーの3種類となっており、価格帯は12,800円~23,800円(税込)。

 「DESIGN TOKYO」出展を皮切りに、グレイシーズはブランドの本格的な販売活動をスタート。百貨店やセレクトショップ、雑貨店、アパレル店舗での展開を予定しており、7月中にはバーニーズ ジャパンより特別仕様のアイテムが販売される。