小松マテーレの「ダントツマスクール」
小松マテーレの「ダントツマスクール」
Image by: FASHIONSNAP.COM

Lifestyle 夏マスク試着レビュー

【夏マスク試着レビュー】vol.1 小松マテーレの「ダントツマスクール」

小松マテーレの「ダントツマスクール」
小松マテーレの「ダントツマスクール」
Image by: FASHIONSNAP.COM

 アパレル企業が夏でも快適に着用できる夏マスクの販売に続々と乗り出しています。新連載「夏向けマスク試着レビュー」では、各社のマスクの使用感を20代女性社員Yの視点から徹底レビューします。第1回は小松マテーレの「ダントツマスクール」

— ADの後に記事が続きます —

 ダントツマスクールは、肌に触れると冷たさを感じる接触冷感のほか、吸湿性と放湿性を備えた生地を採用したことでマスク内を蒸れにくくし、マスク着用時の熱中症を予防。また、UVカット率約99%の素材で日焼けを防止します。

 使用時は、内ポケットに付属の抗ウイルスマスクインナー「ダントツフィットインナー」を挿入。マスクインナーに水分を含ませてから入れるとさらに涼しくなり、一般的な不織布のマスクを着用した時と比較して温度の上昇を約3度抑えられるそう。今回は水分を含ませずに試してみました。

素材:ナイロン85%、ポリウレタン15%
サイズ:大人用(Mサイズ) 8.5センチ×17.5センチ、子ども用(Sサイズ) 8センチ×14.5センチ
価格:ダントツマスクール1枚とダントツフィットインナー5枚のセットで2500円、マスク単体は1500円(いずれも税別)

・レビュー方法について

 レビュー方法は、フルメイクをした後にマスクを着用(ベースメイクは下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダー)。8時間マスクを着けて生活し、「快適さ」「フィット感」「ファンデの落ちにくさ」「コスパ」の項目で評価します。

■感想

快適さ        :★★☆
フィット感      :★★★
ファンデの落ちにくさ :★☆☆
コスパ        :★☆☆

 本体には柔らかくストレッチ性のある生地が使用されているので、フィット感は抜群。肌への負担もなく、肌荒れしていても摩擦が起こらないので痛くなりません。また、耳にかけるゴム紐は不織布マスクよりも太くて柔らかいので、長時間着けても耳が痛くなりませんでした。シンプルなデザインでコーディネートの邪魔をすることもなく、ビジネスシーンにも使いやすそうなのも好印象。しかし長時間着けているとマスク内が蒸れ、息苦しくなったので、やはり暑い日はマスクインナーを濡らして使った方が良さそうです。また素材の影響かもしれませんが、ファンデーションが付きやすいように感じました。

 マスクインナーとのセット価格は1枚2500円とちょっとお高め。マスク本体のみ(1500円)も販売されていますが、暑さ対策を目的に購入するのであればセットでの購入をおすすめします。

 Mサイズは筆者にとっては横幅が若干大きいと感じましたが、痩せ型〜普通体型の男性には丁度良いと思います。ちなみに、子ども用(S)も試してみましたがゴムが短く、耳の後ろが痛くなってしまいました。余程小顔の方でない限り、大人には向かなさそうです。

子ども用(S)サイズも試してみました

 なお日本衛生材料工業連合会によると、マスクには適性のサイズがあるそう。顔に合わないマスクでは、花粉や細菌が隙間から侵入する恐れがあります。同協会が推進するマスクサイズの測り方は以下の通り。参考にしてみてください!

■マスクサイズの測り方

・親指と人差し指でL字形を作る。

・L字形にした状態で、耳の付け根の一番高いところに親指の先端を当て、鼻の付け根から1センチ下のところに人差し指の先端を当てる。

・親指から人差し指までの長さを測れば、それがサイズの目安に。
測った長さが、9~11センチ子ども用サイズがおすすめ
       10.5~12.5センチ小さめサイズがおすすめ
       12~14.5センチふつうサイズがおすすめ
       14センチ以上大きめサイズがおすすめ

■ダントツマスクール:販売サイト
問い合わせ先:小松マテーレお客様問い合わせフォーム

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング