Lifestyle まとめ

【マスクまとめ:デザイン編】ファッションブランドやクリエイターが作るデザインマスク

 新型コロナウイルス感染症対策としてマスクの需要が高まる中、様々なブランドやデザイナー、クリエイターらが生産に乗り出している。将来的には生活必需品としてファッションアイテムの一部となることも予想されているマスクのデザイン性に焦点を当て、「デザインマスク」を特集。コロナ以前から作られているマスクや、人気が高く完売になっているデザインも含めて、幅広くまとめた。<随時更新>

※最終更新:5月14日(木)13時

※マスクに関する情報をお待ちしています。情報提供はこちらから:FASHIONSNAP.COM編集部 press@fashionsnap.com
※マスクについて購入希望やお問い合わせは、各ブランドやメーカーまでお願い致します。

— ADの後に記事が続きます —

エズミ

 江角泰俊手掛ける「エズミ(EZUMi)」は、2020年春夏コレクションで使用したチェック柄の生地でマスクを制作。「新型コロナウイルスの状況が落ち着いた時に、再び普通の生活が取り戻せる様に服やファッションへの意識の手助けになれば」という思いで生産を始めたという。オンラインで販売中。

価格:税別3,300円
販売状況:販売中
問い合わせ先:エズミお客様問い合わせフォーム
ECサイト

イェーライト

 河村慶太と井村美智子が手掛ける「イェーライト(YEAH RIGHT!!)」は、アーティスト 村上周のアートワークをプリントしたマスクを製作。アートワークのデザインは3種類用意し「SIX FEET AWAY」(6フィート離れよう)などのメッセージを採用した。素材にはイェーライトの「テーブルクロスパンツ」に使用しているコットンリネンキャンバスを使用。パスザバトンのほか、イェーライトや村上周の公式オンラインストアでも取り扱っている。マスク以外の商品購入者にはノベルティとして配布している。

価格:税別1,800円
販売状況:販売中(パスザバトンではメンテナンス終了が次第販売)
ECサイトパスザバトンイェーライト村上周運営ウェブショップ(BRICK&MORTAR)

ショウ クラシナ

 「ショウ クラシナ(SHO KURASHINA)」は、ブランドのアーカイヴ生地を用いてオリジナルマスクを製作。製作にはアパレル関係者や杉野服飾大学の学生達が有志で協力したという。5月15日12時からショールーム ウノ(SHOWROOM UNO)の公式オンラインストアで無料配布する。なくなり次第終了

問い合わせ先:info@shokurashina.com
ECサイト

シェリー

 「シェリー(CHERIE)」は、洗濯して繰り返し使用できるシアサッカー素材のギンガムチェック柄のマスクを発売。2020年春夏シーズンのアイテムと同じ布で制作した。「シーナウトウキョウ(@SeeNowTokyo)」のデザイナーズブランドのマスクやルームウェアを扱う期間限定企画「Mask Meets Mode」のほか、シェリーのオンラインストアで予約販売している。

価格:税別2,700円
販売状況:予約販売中
問い合わせ先:シェリーお客様問い合わせフォーム
ECサイト

ダン

 山本真弓によるブランド「ダン(dan)」は、ポニーテールやハーフアップなど髪を結わいた部分にリボンで結んで留めるマスクを提案。髪が短い場合はピンなどで固定して使用できる。素材には洗濯耐久性のある綿ブロードを採用し、内側に感染予防のためのフィルターを挟めるポケットを備えた。柄はギンガムチェックやドット、ストライプなどを用意している。

価格:税込4,200円
販売状況:予約販売中
問い合わせ先:ダンお客様問い合わせフォーム
ECサイト

キューポット

 「キューポット(Q-pot.)」は、「こんな時だからこそコーディネートを楽しみながら、アクセサリー感覚で身に着けてもらいたい」という思いからチョコレート柄のマスクを発売。アパレルラインで使用しているアーカイヴの生地を用いている。チョコレートのほか、苺柄のマスクも販売中。

価格:税別2,200円
販売状況:予約販売中
問い合わせ先:キューポットお客様問い合わせフォーム
ECサイト

アンリアレイジ

 森永邦彦の「アンリアレイジ(ANREALAGE)」は、パッチワークでマスクを製作。「ファッションは日常を取り戻す装置。日常を繋ぎ合わせるべく願いを込めて」という森永の思いを反映したという。一つのマスクには30種類以上の布を使用しており、すべて一点物。シャツ生地や白いシルク、ウールツイードといった素材を採用している。5月9日から発売する予定。

価格:税別5,000円
販売状況:5月9日(土)18:00〜販売予定
問い合わせ先:アンリアレイジお客様問い合わせフォーム
ECサイト

ヨシオクボ

 久保嘉男は、自身が手がけるメンズブランド「ヨシオクボ(yoshiokubo)」でマスクを販売。ヨシオクボは過去のコレクションで使用したジャージー素材を採用し、ブランドロゴを刺繍で施した。カラーはブラックと蛍光イエローの2色をラインナップしている。マスクはオンラインストアで商品を購入した人に無料配布したほか、単品でも販売。現在は完売中だが、再販を予定している。

価格:各税別2,200円。
販売状況:完売中、再販予定
問い合わせ先:ヨシオクボお客様問い合わせフォーム
ECサイト:ヨシオクボ

ミュラーオブヨシオクボ

 ウィメンズブランド「ミュラーオブヨシオクボ(muller of yoshiokubo)」では、アーカイヴの生地でマスクを制作。光沢感のある生地とウール100%の生地を採用した。肌が触れる部分にはコットン100%の生地を使うことで洗いやすく、肌触りにも配慮。タックの位置を中央から少し下にずらすことで鼻筋が美しく見えるシルエットに仕上げたという。マスクはオンラインストアで商品を購入した人に無料配布したほか、単品でも販売。現在は完売中だが、再販を予定している。

価格:各税別2,200円。
販売状況:完売中、再販予定
問い合わせ先:ミュラーオブヨシオクボお客様問い合わせフォーム
ECサイト

アンデコレイテッド

 「アンデコレイテッド(UNDECORATED)」では「今はとにかくポジティブに行動したい」というデザイナー 河野貴之の思いからマスクの生産を開始。素材は耐久性と通気性に優れたベルギー産のコルトレイクリネンで、使い込むことで柔らかく馴染み、風合いの変化を楽しめるという。ユニセックスタイプで、耳にかけるゴムは長さが調整可能。オンラインストアで商品を購入した人に無料配布するほか、単品でも販売。現在は完売中だが、再販を予定している。

価格:税別2,200円。
販売状況:完売中、再販予定
問い合わせ先:アンデコレイテッドお客様問い合わせフォーム
ECサイト

フィンガリン

 小林資幸による「フィンガリン(PHINGERIN)」では、これまでに発売したパジャマのアーカイヴ生地でマスクを制作。「ポジティブなことを提供したい、パジャマの柄でマスクを作ったら楽しい気分になれるのでは」という思いから生産を始めたという。柔らかいゴム紐は長さを調節できるアジャスター付きで、鼻骨部分には顔の形にフィットしやすいワイヤー入り。内側にはポケットを配し、PM2.5活性炭フィルターなど市販のマスクフィルターを入れて使うこともできる。

価格:税込2,970円
販売状況:完売中。準備が整い次第再販の予定。
問い合わせ先:フィンガリンお客様問い合わせフォーム
ECサイト

ヨウジヤマモト

 ヨウジヤマモトが展開する「ブラックスキャンダル ヨウジヤマモト(BLACK Scandal Yohji Yamamoto)」は、「イサム・カタヤマ・バックラッシュ(ISAMU KATAYAMA BACKLASH)」とコラボレーションしたマスクを発売。ディアストレッチレザーを採用しており、洗って繰り返し使うことができる。オンラインストアでは完売。

価格:税別8,800円
販売状況:完売中
問い合わせ先:ヨウジヤマモトお客様お問い合わせフォーム
ECサイト

マリーン・セル

 「マリーン・セル(MARINE SERRE)」では、これまでも継続的にマスクを発表。ブランドのアイコニックな三日月柄をあしらい、服とのコーディネートを楽しめるデザインに仕上げている。今年2月にパリで開催された2020年秋冬コレクションのショー会場では、モデルの秋元梢が写真と同様のマスクを着用して来場。オンラインストアでは完売状態となっている。

販売状況:完売中

ビッグラブレコーズ

 原宿のレコードショップ「ビッグラブレコーズ(Big Love Records)」ではブラックのマスクを製作。ナイロンやポリウレタンを採用し、フロントには「FAMILY BUSINESS」ロゴをあしらった。公式サイトでは、「このマスクはウイルス感染を予防するものでは無いが、付けることで家族の雰囲気を明るくする」と説明。S〜Lまでの3サイズを用意している。

価格:税別2,500円
販売状況:販売中、Lサイズのみ近日発売
問い合わせ先:03-5775-1315
ECサイト

バレンタインバンメール

 金澤文恵の「バレンタインバンメール(VALENTIJN VANMEIR)」では、雪花絞り柄の藍染めを施した布マスクを発売。「色や柄で少しでも街の風景を明るくしたい」という金澤の考えのもと、手染めのマスクコレクションはすべて一点物となっている。素材はシルクサテンコットンで、耳にかける部分はストライプ柄のヘアゴムを使用した。

価格:税込3,300円
販売状況:販売中
問い合わせ先:バレンタインバンメールお客様お問い合わせフォーム 
ECサイト

ヴィーエル・バイ・ウィー

 バンコク在住のデザイナー ウィー(VEE)が手掛ける「ヴィーエル・バイ・ウィー(VL BY VEE)」は、「必要な外出の際に気分が前向きになれるように」という思いから、オリジナルのテキスタイルを使用した「HAPPY DAILY MASKS」コレクションを発売。レッドやブルー、オレンジなどをベースに、ローズ柄などをプリントした。

価格:税込1,980円
販売状況:完売中、4月末に再販予定
問い合わせ先:ヴィーエル・バイ・ウィーお客様お問い合わせフォーム
ECサイト

ジュン オカモト

 岡本順が手掛ける「ジュン オカモト(JUN OKAMOTO)」は、オリジナルのアーカイヴ生地を使ったマスクを発表。「母親が僕の為にマスクを作って送ってくれたのですが、それを受け取った時の気持ちをシェア出来たら」という思いから制作を始めたという。熊本のアトリエで手作業で作られているマスクの販売については、準備が整い次第、ジュン オカモト代官山店の公式インスタグラムアカウントで告知する。

販売状況:順次販売
問い合わせ先:代官山店公式インスタグラムアカウント「@junokamoto_dky

ソマルタ

 「ソマルタ(SOMARTA)」を手掛けるデザイナーの廣川玉枝は、アトリエの残布や副資材を組み合わせたマスクを制作。「服飾産業として、マスク不足をなんとか解消したい」という思いから生産を始めたという。マスクはグリーンやブルー、ブラックのレース素材を使用した華やかなデザインに仕上げた。これまでは展示会の来場者にギフトとして配布していたが、購入を希望する声を受けて発売を決定。ファッションECサイト「シーナウトウキョウ(@SeeNowTokyo)」内のデザイナーズブランドのマスクやルームウェアを扱うオンライン企画「Mask Meets Mode」で4月22日から取り扱っている。

価格:税別3,900円
販売状況:販売中
問い合わせ先:soma@somadesign.jp
ECサイト

ケイタマルヤマ

 デザイナーの丸山敬太が手掛ける「ケイタマルヤマ(KEITA MARUYAMA)」は、コレクションのアーカイヴから麻100%のプリント素材の残布や端切れを使用したオリジナルのファッションマスクを制作。本体内側にガーゼを入れられる仕様になっており、本体は洗って繰り返し使用できる。宇野亞喜良とコラボレーションした柄も展開していたが、3月20日に公式オンラインストアで発売し、全商品が即完売した。(現段階で再販の予定はない)

販売状況:終了
問い合わせ先:ケイタマルヤマ公式ウェブストアメールフォーム
ECサイト

ミドラ

 デザイナー安藤大春が手掛ける「ミドラ(MIDDLA)」は、コレクションでも使用しているアニマル柄のマスクやリバーシブル仕様のマスクなど全6種をデザイン。元々サステナビリティの取り組みの一環としてマスクを生産していたが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて増産した。価格は各税込2,500円で、公式オンラインストアで発売中。Mサイズのほか、メンズにも対応するLサイズも用意している。

販売状況:販売中
問い合わせ先:サロン ミドラお客様問い合わせフォーム
ECサイト

スリュー

 植木沙織が手掛ける「スリュー(SREU)」は東京のファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 A/W」の中止を受け、「ランウェイに向けていた労力やコストを別の方向に向け、小さくても何かできることをしたい」という考えからマスクを制作。コレクションを発表するショー会場となるはずだったワールド北青山ビルで、無地やチェック柄のマスクを3月19日に配布した。(現段階で販売の予定はない)

販売状況:非売品
問い合わせ用メールアドレス:info@sreu.jp

テンダーパーソン

 ヤシゲユウトとビアンカサユリが手掛ける「テンダーパーソン(TENDER PERSON)」は、コレクションで使用した際に余った生地とリバティ生地で「服に合うファッションとしてのマスク」を提案。フロント左下にはブランドロゴをデザインした。オンラインストアで販売しており、コレクションラインを購入した人には無償で配布している。

価格:税込1,650円
販売状況:完売中、近日中に第2弾を発売予定
問い合わせ先:テンダーパーソンお客様問い合わせフォーム
ECサイト

IKUMI

 ikumiが手掛ける「IKUMI」では、「マスクでもファッションを楽しんでほしい」という思いから、コットン素材で洗って繰り返しの使用できるマスクを提案。断ち切りのデザインで、フロントにはブランドロゴが大胆にプリントされている。カラーはホワイトやブラック、ピンクをラインナップ。公式オンラインストアでは5月6日に再入荷予定で、ピンクのみ再販が未定となっている。

価格:税込2,200円
販売状況:5月6日(月)に再入荷予定
問い合わせ先:IKUMIお客様問い合わせフォーム
ECサイト

ミントデザインズ

写真は美人顔マスク

 「ミントデザインズ(mintdesigns)」は、旭化成の高機能不織布 「スマッシュ(smash)」 を用いて、理想的なバランスの美人顔やチンパンジーの顔の形に成形したマスク「to be someone」を2009年から展開。デザインの祭典「ミラノサローネ2009」で発表し、特徴的なデザインで話題を集めた。チンパンジーマスクのみ、現在もミントデザインズの各直営店で取り扱っている。なお、新型コロナウイルスの感染拡大により、ミントデザインズ青山店、ミントデザインズ 大阪店、渋谷パルコに出店しているミントデザインズ ガレージストアは当面の間臨時休業となっている。

価格:税別2,800円(2枚入り)
販売状況:販売中
問い合わせ先:mintdesignsお客様問い合わせフォーム
ECサイト

ファクトタム

 有働幸司が手掛ける「ファクトタム(FACTOTUM)」は、「マスクを着けることが少しでも楽しくなれば」という思いを込め、リジットデニムの生地でマスクを制作。裏面にはコットン素材のガーゼを使用し、耳にかけるゴム紐の長さは顔に合わせて調整することができる。2枚で1セットで、白のマスク2枚を収めた「WHITE」とインディゴとブラックをセットにした「MIX」を展開している。

価格:いずれも税別3,000円
販売状況:完売中
問い合わせ先:ファクトタムIお客様問い合わせフォーム
ECサイト

ヒロコレッジ

 アーティスト高橋理子が手掛ける「ヒロコレッジ(HIROCOLEDGE)」は「私たちができることのひとつ」という考えから、定番商品として展開している手ぬぐいを使ってプリーツマスクを制作。ブランドならではの「円と直線」からなる柄が特徴で、大人用と子ども用の2サイズを揃える。伝統染色技法の「注染」は、顔料プリントとは異なり素材が持つ機能(吸水性など)を失うことがなく、また「無駄のないもの作り」という理念も反映されている。4月22日12時からオンラインストアで発売。大人用はすでに完売している。

価格:大人用 1,400円
   子ども用 1,200円(いずれも税別)
販売状況:子ども用のみ販売中
問い合わせ先:03-6456-1624
ECサイト

ニューバランス

 「ニューバランス(New Balance)」は新型コロナウイルス感染拡大を受けて、3月31日にマスクを製造することを発表。現在アメリカの工場で開発と生産を進めている。シューズの生産方法を応用するといい、斬新な見た目がツイッターをはじめとするSNSでは話題となった。販売は現時点で未定。

販売状況:非売品

オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)」(以下、オフ-ホワイト)は継続的にマスクを制作。2020年春夏コレクションでは、ブラックをベースにしたコットン素材のマスクを発表した。ミッドウエスト(MIDWEST)をはじめとする一部セレクトショップで取り扱っている。

販売状況:一部取扱店舗で販売中
問い合わせ先:03-6712-6777(イーストランド)

ヘロン・プレストン

 現代のユースカルチャーにおけるアイコン的存在として注目を集めている「ヘロン・プレストン(HERON PRESTON)」も2020年春夏コレクションでマスクを制作。素材はナイロンを採用し、オレンジのカラーリングが目を引くデザインに仕上げた。現在、日本では未展開となっている。

販売状況:日本では未展開

パーム・エンジェルス

 「パーム・エンジェルス(Palm Angels)」は2019年秋冬コレクションに続き、2020年春夏コレクションでもマスクを制作。左下にブランドロゴをあしらったシンプルなデザインで、ポリウレタン製のため洗って繰り返し使用できる。日本では一部の取扱店舗で取り扱っている。

販売状況:一部取扱店舗で販売中
問い合わせ先:03-6712-6777(イーストランド)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング