(左から)「メルシーボークー、」「ネ・ネット」2020年秋冬コレクションより
(左から)「メルシーボークー、」「ネ・ネット」2020年秋冬コレクションより
Image by: エイ・ネット

Business

エイ・ネットが「メルシーボークー、」「ネ・ネット」を休止、にゃーも展開終了へ

(左から)「メルシーボークー、」「ネ・ネット」2020年秋冬コレクションより
(左から)「メルシーボークー、」「ネ・ネット」2020年秋冬コレクションより
Image by: エイ・ネット

 エイ・ネットが、2020年秋冬シーズンをもって「メルシーボークー、(mercibeaucoup,)」と「ネ・ネット(Né-net)」の2事業を休止する。ネ・ネットの休止に伴い、ブランドから派生した猫のキャラクター「にゃー」の展開も終了する。

— ADの後に記事が続きます —

 メルシーボークー、は、デザイナー宇津木えりが立ち上げたブランドで、2006-07年秋冬シーズンにデビュー。「きちんとしているけど、ちょっと笑える。主張はあるけど、気どっていない。そんな、遊び感のある、きれいな服。」というブランドコンセプトのもと、ポップで遊び心のあるデザインを提案してきた。昨年10月には東京ファッションウィークで約4年ぶりにショーを開催。ショーで発表した2020年春夏コレクションは宇津木にとっての「挑戦」と位置付けていたが、今年7月31日をもってブランドから離れたことを自身のインスタグラムで発表し、ブランドの動向に注目が集まっていた。

 ネ・ネットは高島一精が2005年に設立。ブランド名は、立ち上げ当時生まれたばかりだった高島の娘の名前や、フランス語で「うまれる」を意味する「Né」、高島の「T」などを組み合わせた造語で、性別や年齢を問わず「『いま』を楽しむ人の日常着」を提案してきた。

 ネ・ネットから2008年に誕生したにゃーは、オスの黒猫をモチーフにしたキャラクターで、頭が取れるなどシュールなイラストが人気。ブランドから派生する形で単独店をオープンしたほか、高島の出身地である熊本県のPRマスコットキャラクターくまモンやハローキティといったキャラクターから伝統工芸まで様々なコラボレーションや、LINEスタンプの配信など、幅広く展開してきた。

 大鉈を振るう形となった2事業の事業休止は、事業再編の一環から決定。エイ・ネットの大滝雄一郎代表によると、新型コロナウイルスの感染拡大により経営環境が大きく変化し、改革が急務となったという。両事業で出店している国内23店舗の営業およびECでの販売は来年1月末までに順次終了。事業休止に伴い、エイ・ネットはネ・ネットの高島との業務契約を7月末までに終了している。

 ネ・ネットは15年、メルシーボークー、は14年にわたり歴史を築き、ブランドの強みである独自性のあるデザインでファンを獲得してきたが、大滝代表は「現代は"自己主張としての服"というより、心地よさや自然体を服に求める価値観が広がっており、時代とのギャップが生まれていたことも事実」と説明。同社からは「ズッカ(ZUCCa)」を立ち上げた小野塚秋良「スナオクワハラ(SUNAOKUWAHARA)」のデザイナー桑原直らに続き、宇津木と高島が去ることとなり看板デザイナーの退社が続いているほか、2019年には「ツモリチサト(TSUMORI CHISATO)」の事業を終了している(ブランドはその後、津森千里のデザイン事務所T.Cによって継続)。大滝代表は今回休止する2事業について「私自身もブランドへの思い入れがある」と苦渋の決断だったことを明かし、「企業としては今が一番重要な時期。事業再編もスピーディーに実行していかなければという危機感から判断した」と述べた。

>>エイ・ネットは今後、「ズッカ」と「プランテーション」を強化。その詳細は?

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング