Video by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

ヤマトグループ新制服を「ホワイトマウンテニアリング」の相澤陽介がデザイン、20年ぶりにリニューアル

発表会の様子
発表会の様子
Image by: FASHIONSNAP.COM

 昨年100周年を迎えたヤマトグループが、セールスドライバーや窓口受付スタッフの制服をリニューアルする。新ユニフォームの導入は9月16日。8月21日の今日、メディア向けの発表会でユニフォームが公開された。

— ADの後に記事が続きます —

 ヤマトグループでは、これまで6度にわたり制服の改良を実施。日常の業務に十分な強度や耐久性を保ちながら、機能性や快適性の両立を実現してきた。20年ぶりとなる今回のリニューアルでは「働きやすさと環境への配慮」をコンセプトに、東レと帝人フロンティアが共同開発したオリジナルの植物性由来PET素材を採用。二酸化炭素削減に貢献するほか、使用後の制服はマテリアルリサイクルを実施することで資源循環を促進していく。また、生地は従来よりも大幅に伸縮性や耐久性を向上。ブルゾンやベルト、安全靴には夜間の視認性を確保する反射材を配したほか、キャップのつばを短くしたことで車両運転時の視認性を高めた。安全靴のインソールは衝撃吸収性を向上させ、重い荷物を運ぶセールスドライバーの足元に配慮した。

 制服のデザインは「ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)」のデザイナー相澤陽介が担当。約3年ほど前にオファーを受けたという相澤は、ヤマト運輸をはじめとするヤマトグループの制服を「街に溶け込むパブリックデザインとして捉えた」とし、親しみやすさを大切にしながらも、着用する社員の誇りの醸成や仕事へのモチベーション向上を図るようなデザインを意識したという。街のアイコンになるよう視認性の高いイエローとグリーンを取り入れ、トップスは日本の伝統的な矢絣文様からインスピレーションを得てデザイン。セールスドライバーと窓口受付スタッフが着用する夏服と冬服の全4種類を用意する。

 発表会では、新制服を着用したヤマトグループの従業員が登壇。従業員からは「従来の制服よりも格段に伸縮性が高い。作業がしやすくなるのでとても助かる」「新しい制服は作業着感がないスタイリッシュなデザイン。9月から着用できることが楽しみ」などの感想が寄せられた。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング