Art

渋谷区にクリエイターによる公衆トイレを設置するプロジェクト始動、片山正通や隈研吾らが参画

片山正通が手掛けた恵比寿公園のトイレ
片山正通が手掛けた恵比寿公園のトイレ
Image by: 日本財団

 日本財団が、誰もが快適に使用できる公共トイレを設置するプロジェクト「THE TOKYO TOILET」を始動した。8月5日の今日、恵比寿公園、代々木深町小公園、はるのおがわコミュニティパークの3ヶ所にトイレを設置した。

— ADの後に記事が続きます —

 同プロジェクトでは「多様性を受け入れる社会の実現」を目的に、クリエイターによる優れたデザインのトイレを渋谷区内の計17ヶ所に順次設置。安藤忠雄、伊東豊雄、隈研吾、槇文彦、片山正通、坂茂、田村奈穂、坂倉竹之助、藤本壮介、マーク・ニューソン、NIGO®、佐藤カズー、佐藤可士和、後智仁、マイルス・ペニントン、小林純子の16人のクリエイターが参画しており、デザインとクリエイティブの力でインクルーシブな社会のあり方を提案する。

 恵比寿公園のトイレは片山が、代々木深町小公園とはるのおがわコミュニティパークのトイレは坂茂がそれぞれデザインした。恵比寿公園は、トイレの起源で縄文時代早期の川に直接用便する「川屋」をイメージし、コンクリートの壁を15枚組み合わせた。男性用と女性用、だれでもトイレの3つを用意し、「何気なく公園に佇む不思議な遊具」と戯れるようなユニークな関係性を目指したという。代々木深町小公園とはるのおがわコミュニティパークのトイレは、鍵を締めると不透明になるガラスを外壁に採用。夜にはライトアップされ、公園を照らす。

 2021年夏までに17ヶ所全てのトイレの設置を終える予定で、8月7日に槇文彦の恵比寿東公園トイレと田村奈穂の東三丁目公衆トイレ、8月31日に坂倉竹之助の西原一丁目公園トイレ、9月7日に安藤忠雄の神宮通公園のトイレが竣工する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング