Fashion

青山商事がアメリカンイーグル事業撤退、国内店舗は全店閉店

Update:

【2019年12月12日続報】12月31日にクローズ予定だったオンラインストアが、在庫完売につき閉店。各店舗の最終営業日情報を本文下に追記しました。

American Eagle Outfittersロゴ
American Eagle Outfittersロゴ
Image by: FASHIONSNAP.COM

 青山商事が、日本国内のアメリカンイーグル(AMERICAN EAGLE)事業とエアリー(Aerie(R))事業を年内に終了すると発表した。これに伴いECを含む全店舗を閉店する。

— ADの後に記事が続きます —

 青山商事は、2010年12月に住金物産(現日鉄物産)との合弁会社イーグルリテイリングを設立。アメリカのアメリカン イーグル アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters/以下、AEO)社のフランチャイジーとして日本でのアメリカンイーグルとインティメイトブランドのエアリー事業を運営してきた。2012年4月に日本上陸1号店として表参道店をオープンし、2019年3月末までに33店舗に拡大するとともに、ECサイトを展開してきたが、今年6月に事業をAEO社に譲渡する検討を開始。青山商事が2022年2月までのフランチャイズ契約期限を前倒しにする方向で協議を進めていると発表した1週間後には、AEO社側が表参道店と池袋店の閉店について発表していた。

 今回、青山商事が今後ビジネスウェア事業に注力するため、AEO社とのライセンス契約を今年12月末をもって終了することを決定。12月18日から順次閉店する予定で、ECサイトは12月31日21時をもってクローズするという。

■各店舗最終営業日
12月18日(水):横浜ジョイナス店
12月20日(金)ダイバーシティ東京 プラザ店、ららぽーと立川立飛店、ららぽーと富士見店、イオンレイクタウン店、イオンモール木更津店、ラゾーナ川崎店、ららぽーと海老名店、ららぽーと湘南平塚店、イオンモール新潟南店、イオンモール各務原店、名古屋栄店、イオンモール長久手店、イオンモール浜松市野店、イオンモール京都桂川店、ららぽーと和泉店、イオンモール四條畷店、ららぽーとEXPOCITY店、ららぽーと甲子園店、イオンモール神戸北店、イオンモール橿原店、イオンモール広島府中店、イオンモール沖縄ライカム店、エミフルMASAKI店、クイーンズスクエア 横浜店(20:30閉店)
12月22日(日):酒々井プレミアム・アウトレット店、あべのキューズモール店
12月25日(水):コクーンシティ店、三井アウトレットパーク 滋賀竜王店、阪急西宮ガーデンズ店
12月31日(火):表参道店(18:00閉店)、池袋店(18:00閉店)、ららぽーと TOKYO-BAY店(18:00閉店)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング