松原光がデザインしたグッズ
Image by: JT

Fashion

松原光やノリタケら4人が「プルーム・テック」とコラボ、デバイス用着せ替えシールを発売

松原光がデザインしたグッズ
Image by: JT

 日本たばこ産業(以下、JT)の電子たばこ「プルーム・テック(Ploom TECH)」が、アートプロジェクト「Rethink Art Collection」を通じて、アーティストの松原光、キーニュ(Keeenue)、イラストレーターの竹内俊太郎、ノリタケ(Noritake)の4人とそれぞれコラボレーションしたグッズを発表した。第1弾として、松原がデザインしたアイテムを全国のPloom Shop(一部を除く)で11月11日から販売する。

— ADの後に記事が続きます —

  松原は、「プルーム・テック」よりも加熱温度が10℃高く、蒸気の量を増加させた「プルーム・テック・プラス(Ploom TECH+)」本体の着せ替えシール3種類(各500円)や、高温加熱式を採用した手のひらサイズの「プルーム・エス(Ploom S)」の着せ替えシール3種類(各500円)、タイベック素材のポーチ3種類(各1,400円/すべて税込)をデザイン。電子レンジでZipファイルを解凍するユニークなイラストや影付きの「WELCOME」の文字など、グラフィカルな形と鮮やかなカラーリングを組み合わせたモチーフを描いた。

 アイテムの発売に先駆けて、銀座のカルチャースペース「BasementGinza」で11月14日までインスタレーション「BLIND」を開催。このほか「リシンクカフェ (RETHINK CAFE)」銀座店と渋谷店では、松原とコラボした装飾を11月30日頃まで展開している。

 第2弾ではキーニュとのコラボグッズを12月中旬に発売し、第3弾の竹内とのコラボは2020年1月中旬から販売。ノリタケがデザインしたグッズは2020年3月初旬に展開する予定だ。

■インスタレーション「BLIND」@Basement GINZA
会期:2019年11月2日(土)〜11月14日(木)
場所:BasementGinza
住所:東京都中央区銀座4-3-5 Ploom Shop 銀座店 地下1階
開場時間:11:00〜20:00
※11月2日と14日は11:00〜18:00で開場

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング