日本初 "デジタル×ファッション"メディア

【インタビュー】SNSコンサルタント・石井リナが語る「インスタグラムの今とこれから」

【インタビュー】SNSコンサルタント・石井リナが語る「インスタグラムの今とこれから」の画像

SNSの筆頭株となったInstagram。果たして、今、その世界には、何が起きているのか。人気インスタグラマーから、ヒットInstagramを生み出す企業、さらにコンサルタントまでInstagramの最前線を総力特集します。

今回は、インプレスから「できる100の法則 Instagramマーケティング」を上梓、さらにCOMPASS編集長やSNSコンサルタントとして活躍する石井リナさんが登場。SNS最前線をいく彼女に訊く、「Instagramの現状とこれから」。

--2015年に著書「できる100の法則 Instagramマーケティング」を上梓されて以降、Instagramマーケットに変化を感じられることはありますか?

石井リナさん(以下、敬称略):去年末にInstagram Storiesが加わったのが大きかったと思います。アーリーアダプターの子達はすでにインスタグラムのフィードにはあまり投稿しなくて、Instagram Storiesばかりに投稿するというような動きが日本でもあるので、その辺の動きはマーケッターも追っていかないと、と。

--Instagram Storiesの魅力はどこにあると思いますか?

石井リナ:海外ではSnapchatが有力だったと思いますが、ほぼ類似している機能がInstagram Stories。インスタグラムってリア充アピールに疲れたり辟易したことで、日本や海外でSNSデトックスとかSNSを止めることが話題になっていたりするんです。

そこへの疲れがSnapchatでは解消される。例えば、すぐにコンテンツが消えるので、どんなコンテンツをアップしてもいいし、内容が軽くてもチープでも構わない。それがユーザーにとっては魅力で、海外ではどんどんSnapchatに移行するっていう動きがあったんですけど、日本でも同じ動きがあったのかなと捉えています。

SNSって愛用する人口が増えていく中で、どうしてもユーザーの中で一定のルールというかカルチャーのようなものが出来上がっていくと思うんです。例えばTwitterだとちょっと面白くないといけない、オチをつけないといけないとか、Instagramだと写真が綺麗じゃなきゃいけないとか、多分、そういったところへの反動がInstagram StoriesやSnapchatとかに移行している理由なのかなと思います。

--フォロワーを増やすための施策始め、企業や個人でも最近変化を感じられますか?

石井リナ:InstagramってかなりクローズドなSNSなんです。FacebookとかTwitterって知らない人の投稿でも勝手にシェアされて回ってくるけれど、Instagramって拡散機能がないので、自分のフォローしている人しかフィードが流れてこない。

Facebook・Twitter・PintarestみたいなオープンなSNSとInstagramみたいなクローズドなSNSってかなり別物ですね。リポストは外部のアプリを使えばできますけど、(そのリポストしたコンテンツは)フォローしていないと自分のフィードには流れてこないので、インスタグラムってフォロワー増やすのが難しいんです。フォロワーを増やすのには、広告や、自分たちがもっているSNSから引っ張ったり。フォロワーが多い人にタグ付けしてもらうとか。

ただ、どのSNSでも唯一お金をかけずに自力でできるのが、フォローとか、いいね!してフォローバックを待つという方法ですね。とはいえインスタグラムが普及していく中で、今までは企業やインフルエンサー自身がやってきたことを自動でやってくれるツールが出てきたりしているので、その辺りは施策の変化が出てきたと言えますね。

--人気インスタグラマーになるべく秘策は?

石井リナ:インスタグラマーみたいな子達に話を聞くと、本当にインスタグラムだけでしか活動していない子は、少しずつしかフォロワーが増えていかない感じがありますね。一方で、有名人は、自身がキュレーションメディアや雑誌に出ることで一点突きでドンと増える事の繰り返しで増えていく、っていう違いがあると思います。

--やっぱり単体でフォロワーを増やしていくのではなく、複合的に何かがないと無理ですか?

石井リナ:増えにくいと思います。Twitterとかだと"何かがバズったんだよね"、とかよく言うと思うんですけど、そういうのはないので、他のSNSと比べてかなりフォロワーが伸びにくい。

--Instagramをフォローする側の変化はあったと思いますか?

石井リナ:マイクロインフルエンサーの影響力は、年々すごく増してる。実際にそういうデータがでてきていますし、インフルエンサーマーケティングの分野でも、3万4万とか1万以下でも重宝されているようなインフルエンサーが増えている印象があります。あとキャスティングする側でも、数だけじゃなくて、どういう人にフォローされているのか、どんなジャンルなのかという、そのインフルエンサーのフォロワーの質みたいなところもちゃんと見ようとしているというか見始めている、という動きが前よりありますね。

前は数だけで一覧を出すのが多かったんですが、やってみた結果、やっぱり良くなかったよねとか、購入へのアクションに繋がらなかったなとか実感し始めて、むやみやたらと誰でもいいという訳じゃないんだ、というのがわかってきたのかな、という印象があります。

instagram_rina_0318_2.jpg

石井さん愛用のPCには、しっかりInstagramのステッカーが。 PHOTO:RINA ISHII

--ユーザーのインスタグラムの使い方に変化は感じられますか?

石井リナ:早い子達は、フィードよりInstagram Storiesの方が投稿回数は増えているし、そこの方が(Instagram画面上の)上の欄がアクティブだなというのは感じます。私自身もフィードはどうでもよくなってきちゃってInstagram Storiesにあげるものの方が、大切というか、面白いことや瞬間だったらこっちに投稿したいと思いますね。インフルエンサーも普通の一般の子も流れていってるな、っていう印象はあります。

--世代間の違いはどうですか?

石井リナ:世代による違いは感じてなくて、使い方が本当にTwitterに近いんですよ。昔はInstagramのフィードもなんでも上げられた場所なんですけど、今はSTORYの方がなんでも上げられる場所で、独り言をカジュアルに不特定多数に投げかけるような使い方をする人が多い。だから主婦や高校生、女子大生、OLとか、世代職業問わずいろいろな人がやっていますよね。

--インスタグラマー自身のトレンドの潮流はありますか?

石井リナ:もしかしたら昔もいたかもしれないんですけど、今の18〜25歳ぐらいの子達って、海外の女の子と変わらない子が多い。英語もちゃんとわかる子達も増えてきたので、良い意味で力強い女の子たちが増えている印象があります。ガールズパワーやフェミニズムについて訴える投稿があったりとか、自分たちでチームを作ってコミュニティーを作っているような子達とか、ガールズパワーを訴えるような子達もいたりとか。

--国の壁がないと。

石井リナ:そうですね。ミレニアル世代特有というか、国の壁がないというのはすごく感じます。

SNSとかで海外の影響を強く受けているインフルエンサーもユーザーも増えている印象です。Instagramってビジュアルコミュニケーションなので、文があまりわからなくても上げてあるものが好きな物ならそれが売れたりとか。

--なるほど。ところで女性ユーザーが8割と言われるInstagramですが......

石井リナ:海外のデータでは、SNSを使う率は自立心と比例しているそうで、自立心が低いほどSNSへの依存度が高いそう。だから、女の子の方がネットに繋がっていたいとか他人と自分を比べてみるとか、ユーザーとしては多いですね。それに若い女性がユーザーとして増えると、そのサービスが栄えるという話はありますよね。

TwitterとかもそうでしたけどInstagramも初めは写真好きの男性も多かったんですけど、女の子たちが使い始めるとユーザー数もドンと増えてきましたし。

--そんなことも含めて今後のインスタグラムってどうなっていくと予想されますか?

石井リナ:前から言われているとは思うんですけど、Instagram Storiesが導入されたついたこともあって、動画への需要はますます高くなりますよね。インフルエンサーも動画映えしないとやっていけないというか、静止画で可愛い子が動画でもそのまま可愛いとは限らないですし(笑)。

静止画で可愛いけど動画で動くとあまりおしゃべりが上手くない、とかあまり面白くないとかいろいろあると思うんですけど、インスタグラマーはちゃんと動いても可愛いとかおしゃべりが面白いとか、ファンをつけられるようにならないと、インフルエンサーとして機能していかなくなるんじゃないですかね。動画でアップしている子達もいるので、そのまま行ける子ももちろんいると思います。どんどんシビアになりますね(笑)。

--タイムラインはアンリアル、Instagram Storiesはリアルというような関係性のバランスの中で、今後、どちらの方に比重が?

石井リナ:やっぱり、Instagram Storiesの方に流れていくと思います。そっちの方をアクティブに使う人に理由を聞くと、"楽だから"とか"楽しいから"って言うんですよ。そういう欲求の反動みたいなものを止められないと思っていて、賢い子たちって、"自分がこう言うブランディングしたいから、誰かが見てもらえる時にとっておきたい"ってものをインスタグラムのフィードに上げておくと思うんですけど、そういう記念に残しておきたいものじゃないものは全部Instagram Storiesに移行していくんじゃないかなと思います。

instagram_rina_0318_3.gif

石井リナ(Rina Ishii)

SNSコンサルト/COMPASS編集長
わずか26歳にして、編集長業とコンサル業を両立。その確かな審美眼と洞察力はもちろんのこと、自身のファッションにも定評がある。29people 29ways --29人のアップルウォッチ | Vol.3 クリエイター編にも登場。

instagram_rina_0318_4.gif

(左)石井さんInstagramの友。愛用のカメラ。
(右)美しい言葉を紡ぎだす指先はこんなキャッチーなネイルが。