ウォルマート、ビンテージ・ウィメンズブランド「モドクロス」を買収

ウォルマート、ビンテージ・ウィメンズブランド「モドクロス」を買収の画像

■ウォルマートは先月、先々月に続き、オンラインストアをまた買収した。女性向けコンテンツを発信するジザベルによると、ウォルマート傘下のジェットが買収したのはビンテージ・レディースファッションのモドクロス(Modcloth)。モドクロスCEOのマット・カネス氏が15日、ペンシルベニア州ピッツバーグの本社社員にジェットによる買収を明らかにしたという。買収額など詳細は明らかにされていないが、17日にも正式な発表を行うと伝えられている。2002年創業のモドクロスはビンテージ&レトロ風の衣料品や小物をネット販売しており、歌手のテイラー・スウィフトさんや女優のエマ・ワトソンさんなど多くのセレブが愛用していることでも知られている。最近ではサンフランシスコなどの都市に期間限定のポップアップストア(仮店舗)をオープンしており、昨年10月にはテキサス州オースティンに同社初となる正規のリアル店舗を開店している。従業員350人以上となる同社は2014年に1.5億ドルの売上高を記録したものの赤字が続き、2年半の間に6回のレイオフを実施していた。
ジェットは今年2月、アウトドア販売の「ムースジョー(Moosejaw)」を現金5,100万で買収しており、1月も靴のオンラインショップ「シューバイ(ShoeBuy)」を7,000万ドルで買収している。一方、2014年創業のジェットも昨年8月、ウォルマートに33億ドルで買収されている。なおジェットの創業者でCEOであるマーク・ローリィ氏は買収後、ウォルマートのグローバルeコマース部門のCEOに就任している。ウォルマートは2011年以降、Eコマースに果敢に投資しており、同社としては最大規模となったジェット買収以前では、検索エンジンの「コズミックス(Kosmix)」やソーシャル広告の「ワンライオット(OneRiot)」などIT企業15社を買収している。ウォルマートは2月、2年前からテストを行っていた有料会員制プログラム「シッピングパス(ShippingPass)」を廃止し、年会費無料で2日間で配送する新たなプログラムを始めている。ウォルマートのEコマース売上高は直近の四半期で前年同期比29%増となっており成長が一段と加速している。
ウォルマートはムースジョーやシューバイの買収などでオンラインストアの商品数を増やしており(2月現在3,500万品目)、モドクロスの買収でもミレニアル世代向けの人気ファッションアイテムを拡大するとみられている。

トップ画像:2002年創業のモドクロスはビンテージ&レトロ風の衣料品や小物をネット販売しており、歌手のテイラー・スウィフトさんや女優のエマ・ワトソンさんなど多くのセレブが愛用していることでも知られている。モドクロスのサイズはXXS~4X(日本のLより5サイズもしくはそれ以上に大きいサイズ!)と11段階もあり女性の体型に優しいのだ。

17年2月17日 - 【ウォルマート】、アウトドア用品のムースジョー買収!ウォルマート前CEOの後悔とは?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。モドクロスといえば、歌手のテイラー・スウィフトさんのレトロ調ワンピースが強く印象に残っています。若い女性セレブに多くのモドクロス・ファンがいます。レトロ調のデザインが気に入られている以上にモドクロスの企業姿勢も共感を読んでいるのですね。例えばモドクロスのオフィスはペット同伴OKです。オフィスで働くスタッフは犬を同伴して出勤でき、小型犬などは膝の上にのせて仕事をしています。そういえばモドクロスでは、犬・猫プリントのワンピースも有名ですね。モドクロスは3年前、フォトショップなどによる加工修正を自社広告で行わないと宣言しました。広告に溢れる非現実的なモデル体型から若い女性が過度なダイエットで摂食障害を起こしている問題を憂い、ファッション企業として毅然な態度を示したのですね。モドクロスのサイズはXXS~4X(日本のLより5サイズもしくはそれ以上に大きいサイズ!)と11段階もあり女性の体型に優しい?です。

20170317wall2.jpg

⇒ある意味尖っていて個性的なモドクロスがウォルマートに買収されたと大きなニュースになっています。ファンの間には「従業員を安くコキ使うブラック企業に買収され失望した」とするツイートが出回っています。成長著しいモドクロスは赤字続きだったようでここのところレイオフが伝えられていました。実のところウォルマートに買収されて複雑ながらも安心しているのはスタッフだと思います。アマゾンに対して商品点数を増やしていて対抗するウォルマートにとってもモドクロスは魅力的なオンラインファッションストアです。マーケットプレイスの商品を含めればウォルマート・コムの取り扱い品目数は3,500万品目以上となっています。ウォルマートが掲げるのはエンドレスアイル(Endless Aisle)構想です。エンドレスアイルを直訳すると「終わりなき通路」という意味で、売り場になくても、無制限の商品点数でネットにはあるという囲い込み戦略です。買収によりモドクロスのレトロ風でサイズ豊富なファッションも取り揃えるということです。
オムニチャネル・リテーリングではエンドレスアイルは不可欠な戦略です。まだまだウォルマートの買収は終わりません

後藤文俊