12人のクリエーターが「未来のAIR MAX」を表現、投票1位のモデルを商品化

AD
NAOTAKA KONNO (TOKYO)
NAOTAKA KONNO (TOKYO)
画像: NIKE

 「ナイキ(NIKE)」が、3月26日のエアマックス(AIR MAX)生誕の日を記念して12人のクリエーターと未来のエアマックスを作る「VOTE FORWARD」プロジェクトを発表した。3月18日の今日、ウェブサイト上で公開され、投票で選ばれた一足は、2018年に発売される予定。

 「VOTE FORWARD」プロジェクトでは、ナイキが「RevolutionAIRs」と呼ぶ世界各国で活躍する12人のクリエーターと、ナイキデザインチームが共同で未来のエアマックスをデザイン。日本代表では、「マジック・スティック(MAGIC STICK)」や「リバイズド(REVISED)」のデザイナー兼ディレクターを務める今野直隆が参加し、近未来の東京を描いたSF映画の世界観と、現代の東京のナイトシーンをインスピレーション源に、「ナイキ エアマックス 97」をベースモデルとして制作した。ナイトクラブのブラックライトのカラーリングに、フラッシュライトをイメージしたリフレクターやVIPバンドの素材を採用。シューズのほぼ全体を包み込む湾曲したラインは、特殊な技術でフライニットアッパーに熱圧着されたリフレクター仕様のグラデーションプリント仕様で、フライニット、ライン共にリフレクターとなり、反射した際にオリジナルカラーに見えるデザインに仕上げた。「エア ハラチ」のようなブーティースタイルをライニングに取り入れ、一足で昼と夜の2つの顔を表現している。

 そのほか、ロンドンのファッションデザイナー ALEXANDRA HACKETTやロサンゼルスのグラフィックデザイナー KYLE NG、上海のファッションデザイナー SHANGGUAN ZHE、ニューヨークのDJ VENUS Xなどが参加し、それぞれが思い浮かべる未来のエアマックスをデザイン。クリエーター達がインスピレーションについて語る動画も公開されている。

■ VOTE FORWARD
プロジェクト名:VOTE FORWARD
投票期間:3月18日(土)〜 25日(土)
結果発表:3月26日(日)
VOTE FOWARD 公式サイト