図書館のデスクがランウェイに、リアーナによる「FENTY PUMA」が"学校"テーマの新作発表

「FENTY PUMA by Rihanna」2017年秋冬コレクション
「FENTY PUMA by Rihanna」2017年秋冬コレクション
画像: PUMA

 「プーマ(PUMA)」が、ウィメンズクリエーティブディレクターのリアーナ(Rihanna)が手がける「FENTY PUMA by Rihanna」の2017年秋冬コレクションをパリの国立図書館で発表した。

 3シーズン目を迎えた「FENTY PUMA by Rihanna」のショーでは、モデルが図書館のデスクを舞台にウォーキング。おたくや体育会系、スケーター、ゴシックといった"どのクラスにも必ずいるタイプ"の学生をミューズにコレクションを制作したといい、サッカージャージをベースにしたドレスや、制服のようなスカート、トラックスーツ、ボディスーツ、ベースボールシャツなどが発表された。「FENTY PUMA by Rihanna」が得意とするオーバーサイズドのルックは、セクシーかつジェンダーレスな制服に仕上げられた。

 「学生の頃は自分の好きなようにドレスアップすることが夢でした」と話すリアーナは、「(出身地の)バルバドスでは制服を着なくてはならなかったので、『新学期』をテーマにした今回のコレクションを創り上げるのは本当に楽しかったです。そしてこのコレクションをこうした荘厳な歴史的建造物で発表できたことも大変光栄に思います」とコメント。

 なお、「マリー・アントワネットがもしジムに通っていたら」という仮説から着想を得たという2017年春夏コレクションは、3月9日に全世界で一斉発売される。