「シャネル」2017-18年秋冬ショー会場にロケット設置 宇宙飛行士や惑星モチーフのアイテムも

CHANEL AIRSPACE
CHANEL AIRSPACE
画像: CHANEL

 「シャネル(CHANEL)」が、パリ・グランパレで2017-18年秋冬プレタポルテコレクションを発表した。会場中央には、37メートルの高さのロケットのオブジェが設置され、90人のモデルがその周囲をウォーキングした。

 2017-18年秋冬コレクションでは、クリスタルやパールが刺繍されたヘッドバンドや、シルバーに輝くブーツを着用したモデルが登場。メゾンを象徴するツイードのスーツにはジレやシルバーのロンググローブがスタイリングされ、スカートやドレスにはバミューダパンツをコーディネートすることで細身のシルエットを強調した。アクセサリーでは、XXLサイズのクラッチやハンドバッグ「ガブリエル ドゥ シャネル」のメタリックカラーのほか、ロケット型のミニバッグといった遊び心溢れるアイテムが発表された。惑星や宇宙飛行士を連想させるグラフィックがドレスを飾るなど、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が「宇宙飛行士のトマ・ペスケに続いて、空を超えて星を目指す旅だ」と話すテーマ性が随所に散りばめられた。フィナーレでは、モデルがロケットを囲うようにスタンディング。カール・ラガーフェルドがスイッチを押すとカウントダウンが開始し、ロケット発射の瞬間を再現した演出が観客を驚かせた。

 ショーには、「シャネル」のアンバサダーを務めるファレル・ウィリアムスやヴァネッサ・パラディ、リリー=ローズ・デップ、カーラ・デルヴィーニュ、キャロリーヌ・ドゥ・メグレをはじめ、映画監督のソフィア・コッポラやミュージシャンのリリー・アレン、リタ・オラらが来場。日本からは女優の小松菜奈と中条あやみが2017年春夏コレクションを着用して登場した。