ロエベの17年秋冬コレクションショーに本田翼が来場

画像: FASHIONSNAP(photo by Koji Hirano)

 「ロエベ(LOEWE)」が、パリのユネスコ本部で2017-18年秋冬コレクションを発表した。ショー会場には、女優の本田翼が来場。ショー開催前後には会場の外でパパラッチに撮影されるなど注目を浴びた。

 クリエーティブ・ディレクターのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)は2017-18年秋冬コレクションについて、「今シーズンは過去2シーズンの女性像を進化させ、ドラマチックな雰囲気に仕上げたかった」と語る。会場は花のみにスポットを当てた真っ暗闇の空間だったが、スタートとともに照明が付けられるとサロンのような雰囲気に一変。ファーを格子柄に配したブラックドレスやレースで模様を描いたストライプワンピース、大胆なカラーレザーで切り替えたチェスターコートといった一癖あるディテールが際立っている。

 ドラマで身につけたことをきっかけに「ロエベ」に注目していたという本田翼は、2017年春夏コレクションのロマンティックな総レースのドレスとコートにブラックのパズルバッグを手に訪れた。初のパリファッションウィークに「緊張しましたが、とても楽しかったです」とコメント。以前から本田翼のことを知っていたというジョナサンは、「とても素敵にドレスを着てくれていたね。僕はラッキーだよ」と喜んだ。