パリ最優秀ブーランジェが世界初のヴィエノワズリー専門店を出店 ベイクルーズが運営

クロワッサンやエスカルゴをラインナップ
クロワッサンやエスカルゴをラインナップ
画像: クリストフ・ヴァスール/BCG

 パリ随一のブーランジェと呼ばれるクリストフ・ヴァスール氏が、世界初のヴィエノワズリー専門店「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール(RITUEL par Christophe Vasseur)」(以下、リチュエル)を自由が丘に出店する。「J.S. バーガーズ カフェ(J.S. BURGERS CAFE)」や昨年上陸した「ゴリラコーヒー(GORILLA COFFEE)」を手掛けるベイクルーズが運営し、8月21日のオープンを予定している。

 ヴァスール氏は、フランスで最も影響力があるというガイド本「ゴー・エ・ミヨ(Gault et Millau)」で「ベストブーランジェリー・オブ・パリ2008」を受賞したほか、「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」など多くのガストロノミー・レストランに支持されるブーランジェリー「デュ・パン・エ・デジデ(Du pain et Des Idées)」のオーナー。様々なペイストリー生地を焼いた菓子パンを総称するヴィエノワズリーの専門店「リチュエル」では、19世紀のブーランジェリーの味を再現するため独学で復刻した伝統的な製パン技術や、フランスでもわずかしか残っていない石床式のオーブンなどを使い、パリ店と同様のクオリティを提供するという。

 1号店は自由が丘駅から徒歩4分のエリアにオープン。「エスカルゴ」をイメージして有機的な曲線を描くようにデザインされた店内では製造工程を公開し、商品は気に入ったものを対面式で選べるという。素材は地産地消に徹底し、バターはヴァスール氏自身がパリの店でも愛用する風味豊かなA.O.C.バター「パンプリー(PAMPLIE)」を使用。メニューはクロワッサン(450円)やショコラティン(490円)、エスカルゴ(690円〜790円/すべて税込)など計5種をラインナップし、日本限定メニューをシーズン展開する。ドリンクは瓶入りの国産ジュースのみを販売し、カフェスペースは設けずテイクアウトで対応する計画だ。

■リチュエル パー クリストフ・ヴァスール
(RITUEL par Christophe Vasseur)
住所:東京都目黒区自由ヶ丘2-9-17 1F
アクセス:東急東横線/ 東急大井町線 自由が丘駅 徒歩4分
Tel:03-5731-8041
営業時間:月~金 10:00-20:00
     土日祝 9:30- 20:00
公式サイト