【連載】ファッション業界徒然日記:「パリに行けば何かが変わるはず」セントマ出身デザイナー斎藤さんの場合

2017年01月26日 11:55 JST

 華やかなイメージがあるファッション業界。そこで働く人はいったい日々何を思っているのか?通常では語られることのない業界で働く人達の"本音"を覗く人気連載「ファッション業界徒然日記」。今回はデザイナーの斎藤 大輔さん(仮名)。ブランドを始めて早5年、セントマ出身の本格派にも関わらず国内の店舗数はなかなか増えず、売上も頭打ち。周りからのアドバイスもあり、意を決して大胆にもパリ進出を決めて初の海外展示会に挑んだ1月3週目。その手応えは?ちなみに周りに似たような人がいても、あくまでもフィクションです。

■業界人の本音を覗く
【連載】ファッション業界徒然日記:「ロレックスはいつ買える?」高級時計販売員 佐藤さんの場合
【連載】ファッション業界徒然日記:「あー、彼氏欲しい。」早大生インターン 皆藤さんの場合
【連載】ファッション業界徒然日記:年収3000万の悩める独身貴族 ブランド社長山口さんの場合
【連載】ファッション業界徒然日記:インフルエンサーは職業?読者モデル佐々木さんの場合