Y's Red Label

ワイズレッドレーベルについて

ブランドについて

yohji yamamoto手がけるY'sの実験的なラインとして2006A/Wコレクションで設立したブランド。デザイナーはYOHJIYAMAMOTO+NOIR、Y'sにてパタンナーを務めていた鈴木道子。
このラインは、赤色で名前を書いたことから、それがそのままブランド名「ワイズレッドレーベル(Y's Red Label)」となった。2008S/S、Y's Red Labelとして、東京コレクションにデビュー。反骨精神を原点に、男に媚びないマニッシュな服を多く展開。

ワイズレッドレーベルのデザイナーについて

鈴木道子(Michiko Suzuki)。

1979年、山形県生まれ。仕立て屋の祖父に影響を受け、服作りの道を志す。2000年、文化服装学院卒業後、ヨウジヤマモトに入社。YOHJIYAMAMOTO+NOIR、Y'sにてパタンナーとして配属された後、2006/2007年秋冬シーズンより、デザイナーとして「Y's(ワイズ)」の新しいラインを実験的に開始。ネームを赤色にした事から、のちにブランド名のY's Red Label(ワイズ・レッド・レーベル)となる。2008年春夏シーズンに「Y's Red Label」として、東京コレクションにてデビュー。

ワイズレッドレーベルのブランドヒストリー

2005年 yohji yamamoto手がけるY’sの実験的なラインとして立ち上げられる。2008S/S、Y’s Red Labelとして、東京コレクションにデビュー。始めのコレクションは結婚がテーマ。コルセットドレスやミリタリー調のスーツなどの要素を取り入れ、素材は、コットン、シルクなどの自然素材を使用。デザイン、精神はワイズのベースにしており、それを若干フェミニンにした印象。

2007年 ヨシコクリエーション・パリとの コラボレーションラインを発表。また、2008S/Sには帽子のデザイナー、MISA HARADA(ミサ・ハラダ)とコラボレーションを展開。ヘッドピースを制作した。

最終更新: 2011.07.23