yoshio kubo

ヨシオ クボについて

ブランドについて

2004年にスタートした久保嘉男の手がける日本のアパレルブランド。

  久保氏が今まで見た事のないパターンやディティールを追求したいという気持ちを、ロバートデンスのもとでクチュール時代に培った技術を駆使しコレクションに投影させている。またそれはひとりよがりではなく、着た人にデザインやディテールをもう一度考えてもらいたいという願望から、上質なパターン、きめ細かな縫製技術をベースに、一貫して機能を重視した着心地の良い日常着を提案している。

ヨシオ クボのデザイナーについて

久保 嘉男(Yoshio Kubo)

2000年、Philadelphia University's School of Textile & Science ファッションデザイン学科卒業後、2000~2004年までオートクチュールデザイナー、ロバートデンスのもと4年間クチュールの全てのコレクション製作に携わる。2004年4月に自らのブランドを立ち上げるため日本に帰国。同年9月に「yoshio kubo」初のメンズコレクションを発表。

ヨシオ クボのブランドヒストリー

2004年 「yoshio kubo」設立。
       S/Sメンズ、ウィメンズコレクションを発表。
2005年 A/Wメンズ、ウィメンズコレクションを発表。

最終更新: 2009.09.08