WILD THINGS

ワイルドシングスについて

ブランドについて

マサチュ-セッツ州のノ-スコンウェイにて、アメリカを代表する登山家、ジョンとマリーのボガード夫妻により1981年に設立されたアウトドアブランド。
スイスのシャモニーで代々マウンテンガイドを務めてきた家の娘として生まれたマリーは、1984年にアンデス山脈の最高峰、アコンカグアに女性として始めて登頂に成功。数々の過酷な登山経験を生かし、"軽量でいてタフでなければならない"というコンセプトを掲げ、高性能なプロダクトを生み出し続けている。なかでもダウンよりも温かいといわれる「プリマロフト」、「シンパテックス」を使用したジャケットは、アウトドアウエアとしてはもちろん、ファッションウエアとしても絶大な支持を獲得。「シャモニー」、「デナリ」、「プリマロフト」など名高い傑作を生み出し、最近ではその製品力の高さから、アメリカ陸軍の全天候用衣類システムである"Extreme Cold Weather Clothing System(ECWCS GenⅢ)"や、海兵隊の"Happy Suit"などの製品を提供するなど、新たな実績を積み上げている。

ワイルドシングスのブランドヒストリー

カナダ国境近くのニューハンプシャー州ノースコンウェイで本当に役立つ物作り、『軽くてタフでなければいけない』というコンセプトをもとに本格的クライミングメーカーとして1981年にスタート。
社長であり、デザイナーであり、製品テストチームの一員でもあるマリー・ボーチャードは、スイスのシャモニーで代々続いているマウンテンガイドの娘として生まれた。そんな彼女自身の経験に基づく高品質で耐久性のある製品は、主にアルピニストやクライマー、探検家等を顧客に持ち、高い評価を得ており、その製品力の高さから南極犬ゾリレースのチームやUSアーミーから継続的に特別注文を受けており、今ではマウンテニアリングからアルパインクライミングまで幅広く高性能なプロダクトを生み続けている。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。