SUNSTAR

サンスターについて

ブランドについて

1932年に創業された日本の企業
創業者・金田邦夫による自転車の部品販売したことが始まり。
その後、自転車用ゴム糊(タイヤ・チューブ用接着剤)を自社製造販売して成功。
サンスター技研の優れた技術は、オートバイに使用される精度の高いスプロケット、ブレーキディスクを生み出し、国内のすべての二輪車メーカー他、海外ではハーレーダビットソンでも採用されている。
自転車以外にも高い技術力で様々な分野に進出している。

サンスターのブランドヒストリー

1932年 自転車ゴム補修接着剤完成
1946年 自転車部品製造販売開始
    金属チューブ容器製造開始
   「サンスター歯磨」第1号完成
1948年 薬用歯磨の製造販売に乗り出す
   「薬用歯磨サンスターシオノギ」発売
1953年 「サンスターハブラシ」製造開始
1958年 PVC発泡合成皮革の開発〔日本初〕
1961年 自転車用ギヤクランク生産に加え、モーターサイクル用スプロケットの製造開始
    洗濯機専用洗剤「サラットソフト粒状」発売
1964年 自動車内装用接着剤分野に進出ペンギンセメント332開発
1965年 モータサイクル事業に進出
1966年 VO5ヘアスプレイ発売
1967年 建築用シーリング材ベタシール169開発
1968年 ウレタン合成皮革の開発、自動車窓ガラス用シーリング材の開発、ダイレクトグレージング工法の開発
   「トニックシャンプー」で男性用ヘアシャンプー 市場を創出
1973年 モータ-サイクル用ディスクプレート量産開始
1974年 訪問販売化粧品「サレーヌベルソワ」シリーズ発売
1984年 「サンスタードゥーハブラシ」発売
1987年 サンスター心身健康道場の考え方を取り入れた「健康道場」シリーズ発売
1989年 システムで歯周病を予防する「ガム」シリーズ発売、新市場を創出
1990年 歯周炎治療薬「ペリオクリン」発売
1993年 ドライマーク衣料用洗剤「ドライアップ」発売
1998年 歯垢を吸着除去する歯磨「オーラツー」発売
2002年 自転車用電動アシストシステム開発
2003年 環境対応容器エコCAN開発
2005年 「EQUITANCE ホワイトロジー」シリーズ発売
2006年 最先端のムシ歯研究にもとづく「sunstarDo」発売

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。