Stuart Weitzman

スチュアートワイツマンについて

ブランドについて

アメリカで創立されたシューズ&バッグのブランド

スチュアートワイツマンのデザイナーについて

Stuart Weitzman/スチュアート・ワイツマン
スチュアート氏の父親のシューズ・デザイナーのSeymour Weitzman氏が創業した
靴のファクトリーを死後、引き継ぐ。
アカデミー賞候補に靴を提供したことをきっかけに一躍有名に。

スチュアートワイツマンのブランドヒストリー

2008年 第80回アカデミー賞に向け、Stuart Weitzmanが、『JUNO/ジュノ』の脚本家ディアブロ・コーディ(Diablo Cody)のために“レトロ・ローズ(Retro Rose)”を制作し靴には1億ドル (約1億720万円)相当の「Kwiat」のダイヤモンドの花が取り付けられる。

2008年 米ニューヨーク市内のマディソンアベニューにあるStuart Weitzmanのブティックが内装リニューアルのため閉店する。
イタリアの建築家Fabio Novembreが、すでに改装済みのミラノ店同様“リボン”をテーマにデザインを手掛ける。ゆくゆくは、世界中のワイズマンの主要ブティックが、この内装に変わる予定

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。