shu uemura

シュウ ウエムラについて

ブランドについて

日本のメイクアップブランド。
「自然、科学、アート」の融合をコンセプトに、 独創的なメイクアップや海洋深層水をはじめとした自然の英知を生かした革新的なスキンケア、高品質のアクセサリーなどシンプル&リッチなコレクションを展開。
芸術とメイクアップを融合した真の先駆者として、高い評価を受ける。
アイラッシュ、クレンジングオイルは shu uemuraを代表するアイテムとして有名。

シュウ ウエムラのデザイナーについて

植村 秀/ shu uemura
1928年6月19日生まれ。成城学園卒業。
幼い頃から絵画、音楽など芸術方面の才能に秀でており1950年ハリウッドへ渡り、メイクアップ アーティストとしての活動をスタート。
パラマウント映画社の“My geisha(マイゲイシャ)”に参加したのをきっかけに、シュウ ウエムラの名がクローズアップされる。
数年にわたりシュウ ウエムラは、フランクシナトラ、エドワード G ロビンソン、など多くのハリウッド女優たちからメイクアップ アーティストとして指名を受け、様々な映画で活躍。
1965年、日本初となるハリウッド式のメイクアップ・アトリエを開設。
2007年12月29日15時50分、急性肺炎のため死去。79歳。
2008年1月31日青山葬儀場のお別れ会では、お焼香ではなく赤いガラスに灯された蝋燭と赤いバラが献花された。 多数の参列者が故人を偲び、クレンジングオイルが手渡された。

シュウ ウエムラのブランドヒストリー

1965年 日本初となるハリウッド式のメイクアップ・アトリエを開設
1967年 ジャパンメイクアップを設立
1982年 シュウウエムラ化粧品に社名変更
1983年 東京・表参道に「シュウ ウエムラ ビューティブティック」1号店を開店
1998年 高知県室戸市の海洋深層水を化粧品に応用
2006年7月13日 滞在型スパ「ウトコ ディープシーテラピー センター&ホテル」をオープン
2007年3月30日 東京Midtownに「salon de shu sanctuary」をオープン

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。