Shellman

シェルマンについて

ブランドについて

1995年に創立した日本のウォッチブランド。
語り継がれるものを通じて、限りなく豊かな文化を伝えることをコンセプトにアンティーク・ウォッチにとどまらず、気鋭の時計作家たちとの緊密なパートナーシップの構築と作品の紹介、自社ブランド・ウォッチの開発、様々な角度から時計の持つ多様な「文化」を具現化。

シェルマンのブランドヒストリー

1995年6月 『創立25周年展』開催。初めてのシェルマンオリジナルウォッチ『ミニッツリピーター』を25周年記念モデルとして300本限定発売
1996年9月 シェルマンオリジナルウォッチ第2弾『グランド・コンプリケーション』発売
   12月 『グランド・コンプリケーション』が『ウォッチ・オブ・ザ・イヤー』及び『審査員特別賞』受賞
1997年9月 『グランド・コンプリケーション』が世界で最も権威あるスイス、ラ・ショードフォンにある国際時計博物館の永久展示品に認定
2000年9月 シェルマンオリジナルウォッチ第3弾『サイドスライド・ミニッツリピーター』を発売
2001年1月 イタリア人実業家により『シェルマン・イタリア』が設立され、イタリア、フランス、スペインにおいてシェルマンオリジナルウォッチの販売を開始
    3月 『伊勢丹新宿店新館』地下1階に出店。同月日本での5番目の時計メーカーとして『バーゼルフェア』に出展
    7月 シンガポール『アワーグラス』社がシンガポールを中心としたアジア7カ国の総代理店としてシェルマンオリジナルウォッチの販売を開始
2002年4月 シェルマンオリジナルウォッチの第4弾『ワールドタイムミニッツリピーター“クロワゾネダイヤル”』を発売
    9月 『ワールドタイムミニッツリピーター“クロワゾネダイヤル”』が、『グランド・コンプリケーション』に続き、スイス、ラ・ショードフォン国際時計博物館の永久展示品に認定
2003年3月 『バーゼルフェア』にブースを構えて出展。14種類のクロワゾネダイヤルを展示
    7月 『ワールドタイムミニッツリピーター“クロワゾネダイヤル”2003年バーゼルエディション』を発表

最終更新: 2009.06.18