Schott

ショットについて

ブランドについて

1913年アーヴィン・ショットとジョン・ショットのショット兄弟によってレインコート屋として創業されたニューヨークのファションブランド。
第二次世界大戦期には軍用PコートやA-2フライトジャケットなどを製造、その後アメリカの警察の制服を製造するようになる。
1928年に世界で初めてジッパー開閉式のライダース・ジャケットを製造したことでも有名でありライダース・ジャケットは1953年に公開された映画「ザ・ワイルドワン(邦題:乱暴者)」日本では1970年に公開された「イージー・ライダー」による影響で知られるようになる。
また映画で使用された星形のスタッズをエポレットに配した「ワンスター」と言われるモデルによりSchottは全米最大のアウターカンパニーへと成長するきっかけになる。
アメリカ製にこだわり、生産の全過程で徹底的な品質管理し上質な製品を作り続けておりマーロン・ブランドを初め、ジェームス・ディーンやシド・ヴィシャスなどが愛用していたことでも有名で現在でも世界中のファンから支持されている。
また様々なブランドともコラボレーションしている。
日本では上野商会が代理店契約しておりまた、ショット社からライセンスも取得、日本人のニーズ・体型に合った細身シルエットのオリジナルライン商品をデザイン、中国工場で生産し日本国内で販売展開。

ショットのデザイナーについて

アーヴィン・ショット
ジョン・ショット
1913年レインコート屋としてニューヨークに創業。
1928年に世界で初めてジッパー開閉式のライダース・ジャケットを製造
1953年に公開された映画「ザ・ワイルドワン(邦題:乱暴者)」でマーロン・ブランドがSchottのワンスターを着用したことで有名になり全米最大のアウターカンパニーへと成長。
1999年アーヴィン・ショット(享年99歳)がこの世を去ったがその間に世代交代が進み4代目社長には孫のローズ・ショットが就任。息子のジェイソン・ショットも経営に加わるなどショットファミリーによって受け継がれている。

ショットのブランドヒストリー

1913年 Schott創立
1928年 世界で初めてジッパー開閉式のライダース・ジャケット「Perfecto」を発表
1930年 アメリカ空軍にボマージャケットを供給
1953年 映画「ザ・ワイルドワン」でマーロン・ブランドがSchottのワンスターを着用したことで有名に
1999年 アーヴィン・ショット死去(享年99歳)

最終更新: 2009.06.19