SAMSUNG

サムスンについて

ブランドについて

1938年に創立された韓国の企業。
韓国の最大手の総合家電・電子部品・電子製品メーカーのサムスン電子を始め、総合電子部品企業のサムスン電機、薄型パネルや電池製造のサムスンSDI、デジタルカメラや製造装置、軍事機器などを生産するサムスンテック、造船やプラント生産のサムスン重工業、商社事業と建設事業のサムスン物産、プロジェクトのマネージメントやサービスなどのソリューションを提供するサムスンエンジニアリング、韓国最大の保険会社サムスン生命、など企業総数は64。
「韓国のロックフェラー」と呼ばれるイ・ビョンチョルが創業した韓国を代表する企業。グループの市場価値は、韓国の上場企業全体の2割前後の価値を占めておりサムスングループの経済状況が、韓国の経済に直接的な影響を及ぼすほどである。
日本では東京に本社を置く日本サムスンを展開、サムスン電子やコングロマリットであるサムスングループ内の企業の輸出入、及びサムスン関連事業を展開している。 また、日本サムスン横浜研究所や日本サムスン大阪支店など複数の拠点を展開。

サムスンのブランドヒストリー

1938年 SAMSUNG創立
2007年 GIORGIO ARMANI(ジョルジオ・アルマーニ)と協業し、テレビや携帯電話機等の家電製品を展開

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。