Ray-Ban

レイバンについて

ブランドについて

 アメリカで誕生したアイウエアブランド。1937年、アメリカ空軍の委託で米ボシュロム社より創立。1999年よりイタリアのルックスオティカグループ傘下。

 ブランド名は「Ray=光線、Ban=遮断する」より、光を遮断するという意を持つ。ティアドロップシェイプのサングラスが代表アイテム。

 光学技術に基づいた機能性と、クラシックとモダンを融合した卓越したデザインが魅力。多くの世界的なセレブリティやプロフェッショナルに愛用されている事でも有名。

 日本では、ミラリ ジャパンが展開している。

レイバンのブランドヒストリー

1923年、米国陸軍航空隊ジョン・マクレディー中尉が、太陽の眩しさや紫外線からパイロットの眼を保護するサングラスの開発を米ボシュロム社に依頼。

1929年、ティアドロップシェイプのレンズ「レイバン・グリーン」を搭載したパイロット用サングラスが完成。

1930年、「AVIATOR(アビエーター)」モデルの原型が米国陸軍航空隊に正式採用。

1937年、アイウェアブランド「Ray-Ban」誕生。

 「AVIATOR(アビエーター)」を発表。

1938年、「OUTDOORSMAN(アウトドアーズマン)」、「SHOOTER(シューター)」を発表。

1952年、プラスチックフレームの「WAYFARER(ウェイファーラー)」を発表。

1957年、「CARAVAN(キャラバン)」を発表。

1965年、「OLYMPIAN(オリンピアン)」を発表。

1967年、「BALORAMA(バロラマ)」を発表。

1984年、「CATS(キャッツ)」を発表。

1986年、アメリカン・ファッション・デザイナー協会から「The World's Finest Sunglasses(世界最高級のサングラス)」の称号を受ける。

 「CLUBMASTER(クラブマスター)」を発表。

1999年、ボシュロム社がRay-Banブランドをイタリアのルックスオティカグループに売却。

2003年、オプティカルフレームをスタート。

最終更新: 2009.03.06