Rafe New York

ラフェニューヨークについて

ブランドについて

1994年にフィリピン出身のデザイナーであるRafe Totengco(ラフェ・トテングコ)によって、ニューヨークで設立されたバッグブランド。

ラフェは1989年にフィリピンのマニラで成功していたビジネスをやめ、デザインアシスタントの道を進む決意しニューヨークへ渡る。1994年にブランドをスタートさせ、初のアクセサリーコレクションを発表したところ、たちまちソールドアウトし一気に人気を集めた。現在では新鋭のデザイナーとして高い評価と賞賛を受けている。現在はバッグの他にも財布や靴なども展開しており、アメリカ・ニューヨークを拠点に活動中。
シーズンごとに、品のあるかわいらしさを取り入れたデザインで、南国を感じさせるカラフルな色遣いが特徴。シンプルというよりは、デザイン性の高い部類にはいるバッグが多く、ジェシカ・アルバ、リンジー・ローハン、パリス・ヒルトンなどのセレブリティにも人気を集めている。

ラフェニューヨークのデザイナーについて

Rafe Totengco(ラフェ・トテングコ)

フィリピン出身。フィリピンでビジネスに成功後、その資金をもとにファッションデザイナーを目指し、1989年ニューヨークへ渡る。ニューヨーク州立ファッション工科大学(Fashion Institute of Technology)出身。ブランド『ラフェニューヨーク』創業者。

ラフェニューヨークのブランドヒストリー

1994年 ブランド『ラフェニューヨーク』をスタート。ベルトと時計をメインに初のコレクションを発表する。コレクションに対する評価も功を奏し、ショップからバッグのオーダーがあったこともあり、バッグの制作も始める。
2001年 米国アクセサリー協会が主催するベストアクセサリーデザイナーに選出。
2006年 アメリカの小売デパートチェーンTarget(ターゲット)とコラボレーションを行う。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。