NUMERO UNO

ヌメロウーノについて

ブランドについて

スタイリスト 小沢 宏(Hiroshi Ozawa)によるメンズクロージングブランド。ブランド名はイタリア語で『ナンバーワン』を意味し、デザイナーがブランドをスタートする前に訪れたフィレンツェのレストランの名前でもある。
スタイリストとして長いキャリアを持つ小沢氏のこだわりが隅々にまで投影されたデザイン、素材といった個別の特徴はもちろん、その服自体が持つ気分といった抽象的な部分にも表れている。ロゴマークである『ラブスカル』というなのどくろに象徴されるような、ポップでキャッチーなブランドイメージも特徴。商品タグにある"born in Tokyo"をイメージさせる東京らしさを大切にしている。スタート当初からBEAMS、CIBONE、UNITED ARROWSなどの高感度セレクトショップを中心に取扱いがあり、2010年春夏シーズンには、初の海外での販売スタート。香港のセレクトショップ"SHINE"で取り扱いがある。

ヌメロウーノのデザイナーについて

小沢 宏(Hiroshi Ozawa)
1964年生まれ、長野県出身。大学在学中に、雑誌「POPEYE」のスタイリストアシスタントとしてキャリアをスタート。その後、スタイリストとして独立。各種メンズファッション誌の他、ブランドカタログのトータルディレクションなどを手がける。NUMERO UNO以外には、2006年秋冬からBEAMS クリエイティブディレクター窪浩志氏とのコラボブランド”coffee and milk(コヒー アンド ミルク)”も始動。2011年春夏シーズンからはウイメンズブランド「Intimate Diary」をスタートしている。

ヌメロウーノが展開するライン

Intimate Diary

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。