NOZOMI ISHIGURO

ノゾミ イシグロについて

ブランドについて

 日本のデザイナーズブランド。1998年、石黒望(Nozomi Ishiguro)が自身のブランドとして立ち上げる。

 デザイナーの感じる"今"を表現。リアルとファンタジーがクロスする世界観。懐古的なデザインとボリューム感、インパクトのあるプリントや、斬新な素材使いとパターンの組み合わせにより生まれる独創的なフォルムが特徴。

ノゾミ イシグロのデザイナーについて

 石黒望(Nozomi Ishiguro)

1964年、東京生まれ。

1985年、桑沢デザイン研究所卒業。コムデギャルソンに入社。

 「JUNYA WATANABE comme des Garcons(ジュンヤ ワタナベ コム デ ギャルソン)」、「tricot comme des Garcons(トリコ コム デ ギャルソン)」のアシスタントデザイナーを務める。

1998年、独立し自身のブランド「NOZOMI ISHIGURO(ノゾミ イシグロ)」を立ち上げる。

ノゾミ イシグロのブランドヒストリー

1998年、デザイナー石黒望(Nozomi Ishiguro)が自身のブランド「NOZOMI ISHIGURO(ノゾミ イシグロ)」を立ち上げる。

1999年4月、1stエキシビジョンを行い、1999-2000年秋冬レディースプレタポルテコレクションを発表。

2001年4月、メンズをスタート。2002-03年秋冬メンズプレタポルテコレクションを発表。

2004年、「SHOW ROOM FACTORY」の為のスペシャルライン「NOZOMI ISHIGURO gold(ノゾミ イシグロ ゴールド)」をスタート。

2005年4月、新宿、渋谷、中目黒、松本、ニューヨーク、博多でゲリラショーを開催。

2007年春夏、「NOZOMI ISHIGURO white(ノゾミ イシグロ ホワイト)」をスタート。

ノゾミ イシグロが展開するライン

「NOZOMI ISHIGURO gold(ノゾミ イシグロ ゴールド)」
「NOZOMI ISHIGURO white(ノゾミ イシグロ ホワイト)」

最終更新: 2009.02.03