narifuri

ナリフリについて

ブランドについて

"fashion × bicycle"と表される、洋服と自転車を楽しむ人のための自転車アパレルブランド。
ナリフリという言葉は「服装と態度」を意味する。「自転車に乗りやすく、時代に外れず、しかも自転車を連想させない装い」をコンセプトに、レースやトレーニングウェアに見られる快適な仕掛けを、街乗りカジュアルに落とし込んだスタイルを提案。マウンテンパーカー、クロップドパンツ、メッセンジャーバッグなどをメインにラインナップし、デザイン性の良さから、自転車愛好者以外からの支持も高い。
近年では、同ブランドの特徴である、通気性や速乾性の高さを生かしたスーツが、ビジネスパーソンを中心に話題となり、伸縮性に富み、動きやすさも抜群のスーツは入荷後、即完売してしまう程の人気商品となっている。

ナリフリのデザイナーについて

小林 一将 (Kazumasa Kobayashi)
長野県出身。米国で3年ほどファッションマーケティングを学び、イタリアブランドのPR、営業を担当した後、帰国。
アパレルメーカーに就職し、営業、生産管理を経て独立。2007年に自転車を通じて知り合った市村公人氏とともにナリフリを設立。


市村 公人 (Kimihito Ichimura)
学生時代より靴屋、洋服屋などで販売・バイヤーの経験を積み、自転車を通じて小林氏と出会い、2007年にナリフリに参加。

ナリフリのブランドヒストリー

2007年8月10日 「narifuri(ナリフリ)」を創立。
2010年 ブリヂストンサイクル創立60周年を記念し、共同開発した「HELMZ(ヘルムズ)」を発売。ストリート(街乗り)ライダーをターゲットにした Speed Cruiser(スピードクルーザー)という新たなジャンルを提唱。
2011年 ブランド創立5周年の節目となる8月10日、東京・恵比寿にオンリーショップをオープン。

ナリフリが展開するライン

HELMZ

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。