MAYUMI HASEGAWA

マユミハセガワについて

ブランドについて

2001年に設立された日本発の革小物ブランド。
創立者は、長谷川真弓(Mayumi HASEGAWA)。
レザー製品を中心に独自の染色、加工方法で創り上げたコレクションが中心。牛、豚、蛇革が良く使用され、その他綿やシルクなども使用されるのが特徴。ベルト、財布、バッグなどのアイテムが多い。ブランドの立ち上げから現在に至るまですべて『手作り量産』体制をとっている。
『作られた常識を壊し自らの手で新しいものを作り出すため日々活動を行う』としている。

マユミハセガワのデザイナーについて

長谷川真弓(Mayumi HASEGAWA)

1977年7月6日、東京都に生まれ。工学院大学建築学科卒。大学在学中より独学で物作りを始める。
2001年 MAYUMI HASEGAWA(マユミハセガワ)設立。

マユミハセガワのブランドヒストリー

2000年 MIHARAYASUHIRO(ミハラヤスヒロ)2000-2001 A/W コレクションにベルトを数点出品。
2001年より、AGOSTO SHOP(アゴスト)にて毎シーズン、ベルト・バッグ等のデザインを手掛け、同社にて展示会を行う。
2003年 株式会社マーユ(MAAYU Co., LTD.)を設立。9月、合同展示会「rooms(ルームス)」に参加。
2007年12月 全て本物の地下足袋や作業用手袋に長谷川真弓が付加デザインしたファッションアイテムを発表。
2008年1月 「ニンテンドーDS Lite(NINTENDO DS lite)」用の蛇革ボディースーツの販売を開始。3月 「アイポッド(iPod)」用のお守り型蛇革ジャケットを発表。ダイヤモンド・パイソンを使用している。6月3日、携帯電話の着せ替え本革パネルシートを発表。
対応機種は、DoCoMo(ドコモ)、au(エーユー)、SoftBank(ソフトバンク)等の2007年度夏以降の全機種のうち、機能面に影響の無いもので、表面の着せ替えが可能な仕様。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。