Marjan Pejoski

マラヤン ペジョスキーについて

ブランドについて

2000年 ロンドンコレクションにてデビュー。

アイルランドの歌手ビョーク(Bjork)がカンヌ映画祭の授賞式で着用した白鳥モチーフのドレスが話題を集め、注目を浴びた。
白鳥、蝶、孔雀のような生き物やスカルのモチーフをはじめとし、エッジィなデザインを得意とするブランド。

マラヤン ペジョスキーのデザイナーについて

Marjan Diodiov Pejoski(マラヤン・ジョジョブ・ペジョスキー)

1969年 マケドニア生まれ。
1983年 渡英後、ジュエリー、シューズ、ファッションイラストレーション等を複数の学校で学ぶ。
1999年 セントマーチンズ美術学校を卒業。
2000年 ロンドンで自身のブランド「Marjan Djodjov Pejoski(マラヤン・ジョジョヴ・ペジョスキー)」を発表。
かつてはロンドンとパリのセレクトショップ「Kokon To Zai(ココントウザイ)」のバイヤーを務め、オリジナルブランドのデザインも手がける。また、アーティストの衣装を手がけるなど幅広いデザイン活動を行ってきた。
2008年9月 「DRESSCAMP」のヘッドデザイナーに就任。2010A/Wコレクションを最後に同ヘッドデザイナーを退任している。
現在はバリに在住。

マラヤン ペジョスキーのブランドヒストリー

2000年 ロンドンコレクションでデビュー
2002年 パリコレクションに初参加
2003年 メンズウェアラインをスタート

マラヤン ペジョスキーが展開するライン

KTZ

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。