MANHATTANER'S

マンハッタナーズについて

ブランドについて

画家、久下貴史が猫たちとのニューヨーク暮らしから描き出す、個性豊かであたたかく美しい作品世界を、商品デザインにおいて表現することを目指すアート・ブランド。 商品は、様々な分野のメーカーや問屋などの企業にライセンス供与することにより展開されている。
1990年から商品化が始まり、アートと商品の融合を図るという他に類を見ないタイプのブランドとして商品表現や販売方法などに試行を重ねて来た。2001年には、久下貴史がニューヨークで新境地を拓いた猫を画題とする多彩な作品世界を一挙に発表する個展を東京で開いた。この個展は『ニューヨーク15年猫との暮らし』と題され、大きな反響を巻き起こした。またこれを機に、久下貴史の世界観や作品の持ち味を徹底的に商品に映し出すことを強化し、個性的で高い付加価値を持つブランド世界を追求するようになった。
現在では、「MANHATTANER'S(マンハッタナーズ)」に加え、「和MANHATTANER'S(和マンハッタナーズ)」、「A.S.MANHATTANER'S(A.S.マンハッタナーズ)」という二つのグループ・ブランドも展開され、三つのブランドがそれぞれのコンセプトをベースに人々の多様な好みに応じ、補完し合い、多岐にわたる商品化がなされている。
また久下貴史の個展開催も毎年の恒例行事となっている。

マンハッタナーズのブランドヒストリー

1990年
MANHATTANER'S(マンハッタナーズ)商品化スタート。

マンハッタナーズが展開するライン

・和MANHATTANER'S(和マンハッタナーズ) 長くニューヨークに暮らして再認識したという日本の文化、伝統の価値。 もともと伝統文化が暮らしに根付く京都で生まれ育った京都人としての素養をベースに展開される久下貴史の新しい猫的世界を用いて、独特の幸せ感と和みで暮らしを彩る商品を提案するアート・ブランド。 ・A.S.MANHATTANER'S(A.S.マンハッタナーズ) MANHATTANER'S(マンハッタナーズ)のカジュアル・ライン。 作品主体のMANHATTANER

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。