LUSH

ラッシュについて

ブランドについて

イギリス生まれのフレッシュハンドメイドコスメブランド。主にバス用品、石鹸、美容用品を取り扱う。「新鮮」「手作り」「安全」「愉快」をモットーに、約200種類のスキンケア製品、ヘアケア製品、ソープ、入浴剤などを取り揃えている。現在、世界36ヶ国、約500店舗を展開。
ラッシュの評判と販売拠点は英国だけにとどまらず、世界中の人が集まるといわれるニューヨークのブロードウェイをはじめとするアメリカ、カナダの北米地域、そしてファッションの国イタリア、デザイン王国のスウェーデン、南半球のオーストラリアと、世界中にラッシュ旋風を巻き起こし進出を続けました。アジア諸国では、日本をはじめ、台湾、香港、韓国、フィリピンなどで精力的に展開している。「新鮮さ」を保った製品には、製造年月日、製造者名、全成分を明記してあり、牛乳やお豆腐を買うように、製造年月日をチェックして買うことができる。神奈川県愛甲郡にあるラッシュ専用ファクトリー「ラッシュ・キッチン」で全ての製品を手作りしている。できたての製品はボトルやカップに入れて、製造者の名前を記したラベルをはって出荷し、作り手のスピリットがスピーディに伝わる。
2001 年4月から日本でも化粧品の全成分表示が義務付けられ、ラッシュは1999年の日本デビューの時から全成分をラベルとラッシュタイムズに明記している。ナチュラルコスメの世界で20 年以上のキャリアを持つラッシュ開発チームの知識を結集し、防腐効果のある植物やエッセンシャルオイルを組み合わせることによって製品を安定させている。
「品質が高くて安全」だけでは留まらず、使ってくれている人の毎日の生活を楽しく豊かにするパッケージやネーミング、ディスプレイも個性的でユーモラスに展開。

ラッシュのブランドヒストリー

1980年代 当時化粧品業界で研究・開発を行なっていた5名のメンバーは、ヘアケア・スキンケアビジネスをスタートさせ、ラッシュの代表であるマーク・コンスタンティンは「THE BODY SHOP」2号店の立上げにもサプライヤーとして活躍。
1993年 現在の通信販売の基礎となった「COSMETIC TO GO」を設立
1994年 新たにメンバー1名を迎え入れラッシュを設立。ラッシュの設立と共に、英国・南西海岸にあるプール市に本社と製造工場を設立。
1995年 同市に1号店をオープン。また、1号店のオープンと共に、自社媒体である「ラッシュタイムズ」を発行、すでに持っていたノウハウを活かし、通信販売を同時にスタートさせた。噂は英国・ロンドンにまで及び、1号店オープン1ヵ月後の5月にはコヴェントガーデンに2号店をオープン。その独創的でユニークな製品は瞬く間に話題を呼び、同年9月にはロンドンのトレンド発信地であるキングスロードに3号店をオープする。
1998年 ラッシュジャパンが誕生。
1999年 待望の日本1号店が東京・自由が丘にオープン。

最終更新: 2011.06.29