Loyd

ロイドについて

ブランドについて

株式会社ロイドが運営するアイウェアブランド、及びアイウェアセレクトショップ。アイウェアのセレクトショップとしては草分け的存在である。正式名称はOpticien Loyd (オプティシャンロイド)。
眼鏡が単なる 視力矯正の道具としてとらえられ、デザイン・カラーのバリエー ションが少なく、ユーザーの選択肢は限られていた当時、自己表現のためのファッションアイテムとしてセレクト・開発を進めその名を世に広げた。メガネとしての機能とデザインの接点を探り、使う人の個性で自由に選べる感性豊かな商品と開発で、メガネ業界はもちろん異業種のクリエイターにも一目を置かれ、幅広い層に愛されている。世界的に著名なコレクションブランドのアイウェア製作や、アーティスト、ミュージシャンなどとのコラボレーションアイテムも積極的に展開し、数多くのオリジナルモデルをデザイン製作してきた。
原宿にあるOpticien Loydは、2Fにフレームのフロアー、MB1Fにはサングラスと幼児用フレームを揃えたminiLoydで構成されている。創業時から変わらないオープンディスプレイは、素材、デザイン、色などのカテゴリーに分類された商品が並び、自由に好きなフレームを手にとって試すことができる。落ち着きのある店内には常に60ブランド、計1300 本を超える国内外のフレームとオリジナルフレームが並び、どちらも充実したラインナップで、ブランド志向ではなくあくまでデザインやクオリティーにこだわったセレクトが人気。

ロイドのブランドヒストリー

1985年 株式会社ロイド設立。東京都渋谷区神宮前4丁目にショップ「オプティシァンロイド」オープン。
1988年 現住所のFARMビル2階に本社・ショップとも移転。世界初の子供メガネ専門店「ミニロイド」新設。
1997年 FARMビル2階に加えMB1階にもフロア拡張。
2000年 Internet web siteをリリース。
2002年 サングラス専用フロアー「Sunglass Collection」を 新設。
2008年 オフィシャルショッピングサイト「shop Loyd」オープン。

最終更新: 2011.07.05