LOUNGE LIZARD

ラウンジリザードについて

ブランドについて

日本のメンズファッションブランド。現デザイナーは八重樫学。モード学園卒業後、アパレルメーカーなどを経て、ブランド設立に至る。当初から展開しているテーラードジャケット、タイトなパンツなどシャープで構築出来るアイテムを中心に、着る人にパーソナリティーを引き立て表現出来る余地を残し、バランスのとれた服作りを追求する。「ソリッドで普遍的な男らしさのある服を作りたい」というブランド設立から変わらないスタンスで、細身のシルエットを基本とし、ドレス・ワーク・ミリタリー等幅広い要素をミックスしたスタイルが人気のブランド。設立当時ストリートで流行っていたルーズなシルエットを、LOUNGE LIZARDは黒を基調としたタイトなシルエットを構築し、ハイストリートという新たなスタイルを確立した。特にタイトで加工技術を駆使したデニムは人気が高い。
当初デザイナーの一人であった有働幸司は、個人でのブランド設立のためLOUNGE LIZARDから離脱し、2004年にFACTOTUM(ファクトタム)を設立。 また、トップデザイナーであった東郷達也も、2007年11月に、個人でのブランドTHREE BLIND MICE(スリー ブラインド マイス) 設立している。

ラウンジリザードのブランドヒストリー

1998年 有働幸司 、八重樫学、東郷達也 によってLOUNGE LIZARDを設立。原宿のキャットストリートにショップをオープン。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。