LORINZA

ロリンザについて

ブランドについて

日本のブランド。バッグブランドから始まり、現在はトータルのファッションアイテムを展開している。
デザイナーは有江 明と稲塚 勇介。それぞれ異なるアパレル会社でのショップスタッフ、企画、バイイングなどの仕事を経て、2003年からブランドをスタートさせた。名前の由来は友人の名前からきており、「直感を大切にし、今までの生活時間の中からデザインを広げる」をコンセプトに、独自のスタイルを打ち出し続けている。
定番のメッセンジャーバッグやバーキンシリーズは、機能的であり実用性に優れ、デザイン性にも溢れたバッグとして、常に品薄で売り切れの多い人気商品。主に、デザイナー2人が立ち上げた都内に2店舗を構えるセレクトショップ「Waingman Wassa」で取り扱いがある。

ロリンザのブランドヒストリー

2003年 デザイナーの有江 明と稲塚 勇介がセレクトショップ「Waingman Wassa」を中目黒にオープン。国内外のデザイナーズブランドから新古品問わず買い付けてきた厳選アイテムが揃い、アパレル関係者や専門学生を中心に幅広く支持される。
同年、バッグブランドとして「LORINZA」を立ち上げる。
2005年 2005-06秋冬よりウェアーラインを本格的にスタート。

最終更新: 2011.07.13