Le Labo

ルラボについて

ブランドについて

フランスの大手フレグランスブランドで経験を積んだエディ・ロスキーとファブリース・ペノーの二人が2006年にNYで立ち上げたフレグランスブランド。セレブが愛用したことで瞬く間に話題になり、米バーニーズ社と契約。2006年にオープンした「バーニーズNY店」で、オープン初日のフロア売り上げ歴代1位を達成、2007年3月にはパリの人気セレクトショップ「コレット」にショップをオープン。そして2007年10月には、NYの本店に続く世界で2番目の路面店を東京代官山にオープンさせる。同ブランドの人気は世界に飛び火し、現在はアメリカ国内はもとより、パリ、ロンドン、ベルリン、など世界7カ国26店舗を展開している。

ブティックでは、オーダーを受けてからその場で有名調合師による最終調合、そしてボトリングされる"メイド・トゥ・オーダー方式"を採用し、これにより熱や時間による香りの劣化を最小限に抑え、最もフレッシュな香りを提供するのが特徴。同ブランドの語源でもある、ラボラトリー(研究所)の名のとおり、研究室を彷彿とさせるこだわりの空間となっている。

ラインナップはパフューム、キャンドルをメインに、各都市限定のフレグランスもいくつかリリースされており、その天然香料エッセンスを中心に作り出される繊細な香りは、数多くの有名クリエイター、セレブリティをはじめ、男女を問わず絶大な人気を獲ている。

ルラボのデザイナーについて

Eddie Roschi(エディ・ロスキー)
1972年生まれ。
仏INSEAD(インシアード)でMBA(経営学修士)を取得後、フィルメニッヒジュネーブ社にて、フレグランスコマーシャルディレクターとして4年間従事。その後、仏ロレアル本社で、エンポリオ・フレグランス部門でディレクターとして活躍。

Fabrice Penot(ファブリース・ペノー)
1972年生まれ。
ルラボの共同創立者であるエディ・ロスキーと時を同じくして仏ロレアル本社に従事し、香水製造の知識、マーケットの仕組みなどの深い知識を得る。その後、エディ・ロスキーと共に、ニューヨークで新しいパフュームブランド「ルラボ」を立ち上げる。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。