Jimmy Choo

ジミー チュウについて

ブランドについて

 ラグジュアリー・シューズ&バッグブランド。1996年、イギリス・ロンドンにてJimmy Choo(ジミー チュウ)とTamara Mellon(タマラ・メロン)により創立。

 女性のための、上質で先進的なシューズ。パンプス、ハイヒールなど、エレガントかつグラマラスなフォルムと、履き心地抜群の機能性とを併せ持つ。

 大英帝国勲章など、ファッション界においての多くの賞を受賞。ダイアナ元皇太子妃をはじめ、世界中のセレブリティに支持されていることでも有名で、ファッション性の高さから海外ドラマや映画でも多く登場している。

 シューズの他に、バッグや財布、サングラスなどのアイテムも展開している。

ジミー チュウのデザイナーについて

 Jimmy Choo(ジミーチュウ)

1954年、マレーシア生まれ。

 幼いころから靴職人の父を手伝い靴作りをはじめる。ロンドンに移り、ロンドン芸術大学ファッション科に入学。

 バリーのデザインコンサルタントなどを務め、靴作りの腕を磨く。

1996年、Vogue UK誌のエディターTamara Mellon(タマラ・メロン)の目に留まり、共にシューズブランド「Jimmy Choo(ジミー チュウ)」を設立。


 Tamara Mellon(タマラ・メロン)

 イギリス・ロンドン生まれ。元シャネルのモデルの母親、実業家の父を持つ。 ビバリーヒルズ、イギリス、スイスで就学。

1990年、イギリスのモード誌Vogue UKに入社。アクセサリー・エディター等を務める。

1996年、クチュール・シューズ職人Jimmy Choo(ジミー・チュウ)と提携し、シューズブランド「Jimmy Choo(ジミー・チュウ)」を設立。


■クリエイティブ・ディレクター
 Sandra Choi(サンドラ・チェ)

 香港生まれ。セントマーチンズ卒業。

1996年、「Jimmy Choo(ジミー・チュウ)」の設立と共にクリエイティブ・ディレクターに就任。

2000年、ブライダル・コレクションをスタート。

2007年、アーティストのリチャード・フィリップスとコラボレートを発表。

2008年、サングラス・コレクションをスタート。

2009年、「H&M(エイチ・アンド・エム)」とのコラボレーションによるカプセルコレクション「JIMMY CHOO for H&M」を発表。11月発売。

2010年5月、2010年プレフォール・コレクションでデビューした「Trainars(トレイナーズ)」がデビュー。

2010年6月、欧州に直営4店舗オープン、スイス初進出を発表。

2010年10月、オーストラリア発「UGG® Australia(アグ オーストラリア)」とコラボレーションしたカプセルコレクション「UGG & JIMMY CHOO」を発売。

2011年1月、2011年秋冬シーズンからシューズのメンズ・コレクションをスタート。

2012年10月、コンテンポラリー・アーティストRob Pruitt(ロブ・プルーイット)とコラボレーションしたカプセル・コレクションを制作。

2013年4月、メンズコレクションの発表の場をミラノからロンドンに移す。

2013年4月、カプセル・コレクション「カレラ by ジミー チュウ」を制作。

ジミー チュウのブランドヒストリー

1996年、Vogue UK誌のエディターTamara Mellon(タマラ・メロン)が、イギリス・ロンドンのクチュール・シューズ職人Jimmy Choo(ジミー チュウ)と提携し、シューズブランド「Jimmy Choo(ジミー チュウ)」を設立。

 ロンドンのナイツブリッジに1号店をオープン。その後、世界のファッション中心地で卸売りを開始。

2000年、ブライダル・コレクションをスタート。

2001年、Equinox Luxury Holdings Ltdとの提携を発表し、タマラ・メロンはCEOに就任。

 事業を拡大し、ハンドバッグやレザーアイテムを発表。

2007年、TowerBrook Capital Partnersに売却。

2006年2月、日本初の直営店「JIMMY CHOO Omotesando」が東京の表参道ヒルズ内にオープン。

2007年、アーティストのリチャード・フィリップスとコラボレートを発表。

2008年、サングラス・コレクションをスタート。

2009年10月、エルトン・ジョン・エイズ基金と協力したチャリティプロジェクト「プロジェクトPEP」でフォト・コンペティションを開催。

2009年、「H&M(エイチ・アンド・エム)」とのコラボレーションによるカプセルコレクション「JIMMY CHOO for H&M」を発表。11月発売。

2010年5月、2010年プレフォール・コレクションでデビューした「Trainars(トレイナーズ)」がデビュー。

2010年6月、欧州に直営4店舗オープン、スイス初進出を発表。

2010年10月、オーストラリア発「UGG® Australia(アグ オーストラリア)」とコラボレーションしたカプセルコレクション「UGG & JIMMY CHOO」を発売。

2011年1月、2011年秋冬シーズンからシューズのメンズ・コレクションをスタート。

2011年1月、「CHOO 24:7(チュウ トゥエンティーフォーセブン)」が、バッグコレクション「CHOO 24:7 BAGS」を展開。

2011年3月、ブルーベル・ジャパンから株式を買収し、Jimmy Choo Tokyo株式会社として独立化。

2011年5月、Labelux Group(ラベルクス・グループ)が、タワーブック・キャピタルから買収することを公式サイトで正式に発表。

2011年10月、ブランド創設15年を記念したカプセルコレクション「ICONS(アイコン)」の日本展開をスタート。

2011年11月、創設者兼チーフ・クリエイティブ・オフィサー(=CCO)のTamara Mellon(タマラ・メロン)がブランドから退くことを発表。

2011年2月、フレグランスコレクションを銀座店で日本初披露。

2012年5月、「CHOO 24:7(チュウ トゥエンティーフォーセブン)」コレクションをフィーチャーした特設ウェブサイト「CHOO 24:7 Stylemakers」を開設。

2012年10月、コンテンポラリー・アーティストRob Pruitt(ロブ・プルーイット)とコラボレーションしたカプセル・コレクションを制作。

2013年2月、クリエイティブディレクターSimon Holloway(サイモン・ホロウェイ)が、ブランドを退任。

2013年4月、メンズコレクションの発表の場をミラノからロンドンに移す。

2013年4月、日本初となるウィメンズ・メンズの複合店を「ジミー チュウ 神戸大丸店」にリニューアルオープン。

2013年4月、カプセル・コレクション「カレラ by ジミー チュウ」を制作。

最終更新: 2013.05.15