JACOB COHEN

ヤコブコーエンについて

ブランドについて

1985年にTato Bardelle(タト・バルデッレ)を中心とするスタイリスト集団がイタリア・パドヴァで設立したジーンズブランド。
"仕立ての良いテーラードジャケットに合わせるジーンズ"というコンセプトのもと、40もの工程を自社で行い、スラックスのように丁寧かつ繊細に仕立てられているのが最大の魅力である。細部へのこだわりとして特筆すべきは、ウエスト部にクラシカルなスラックスに良くみられるベルトピンフックが取り付けられ、このピンフックでバックルのずれを防止する。立体裁断によるテーラードシルエットで股上が浅く、腿の内側に余分なシワやたるみもない見事な美脚ラインを確立している。デニム生地へのこだわりも徹底しており、世界でも評価の高い岡山産のものをわざわざ輸入し、イタリアで仕立て、究極の美しいデニムを提供している。

ヤコブコーエンのブランドヒストリー

1985年 イタリア・パドヴァでブランド設立
2003年 ニコラ・バルデッレが2代目オーナー兼デザイナーに就任
2011年 ゴルフラインをスタート

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。