ic! berlin

アイシーベルリンについて

ブランドについて

ドイツの若き工業デザイナーが手掛けるアイウエアブランド。1997年にHarald Gottschling(ハラルド・ゴシュリング)、Philipp Haffmans(フィリップ・ハフマンス)、Ralph Anderl(ラルフ・アンダール)の3人で立ち上げ、ドイツ、ベルリンで製造されるシートメタル製メガネの元祖である。
初めてのコレクションを発表した1998年のSILMO(国際規模の眼鏡展示会)でデザイン賞を取り、世界中のバイヤーから絶賛され一躍注目を浴びた。以来、ニューコレクションが発表される度に話題の的となる。
彼らが生み出した新たなデザイン概念は、わずか0.5mm厚の柔軟性の高いステンレスを使い、最大で25gという軽量化を実現した。しかも柔軟でありながら型崩れしにくく、特許で今やトレードマークでもあるネジを使わないヒンジ(丁番)など斬新的アイデアであった。ネジを1本も使わず、知恵の輪のように組み合わせてはめ込むつくりになっている。
取り外しも容易である為、メンテナンス時の利便性にも優れている。最近はアセテートを使ったものや、コンビネーションのラインも加わっている。

アイシーベルリンのデザイナーについて

ドイツの若き工業デザイナーで、1997年にアイウエアブランドic! Berlinを立ち上げた。女性的で自然なやさしいデザインを得意とするフィリップ・ハフマンスと男性的で力強く直線的なデザインが特徴のハラルド・ゴシュリングの二人の共同デザインがうまく融合されている。

アイシーベルリンのブランドヒストリー

1997年 Harald Gottschling(ハラルド・ゴシュリング)、Philipp Haffmans
     (フィリップ・ハフマンス)、Ralph Anderl(ラルフ・アンダール)の3人
      で「ic! berlin」を立ち上げる。
1998年 初めてのコレクションを発表し、SILMO(国際規模フランスの眼鏡展示
      会)でデザイン賞を受賞。
2005年 主要デザイナーでもあったゴシュリング氏とハフマンス氏が独立。
      ディレクターのアンダル氏は主任デザイナーにファビアン・ホフマン氏を
      迎え入れ、アセテート製の新シリーズを投入するなど新境地を切り開い
      た。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。