HYSTERIC GLAMOUR

ヒステリック・グラマーについて

ブランドについて

 1984年、北村信彦(Nobuhiko Kitamura)がオゾンコミュニティより自身のブランドとして立ち上げたカジュアルブランド。複数の派生ブランドを持ち、レディース・メンズ・キッズ・雑貨等、様々なターゲット層に向けて展開を広げる。徐々に人気は上昇し、現在では日本全国、及び海外にショップを構える。

 デビュー以来、トレンドに左右されない独自のスタイルを貫く。ブランドの理想像はバンドのグルーピーのようなヒステリックかつグラマーな女性。外面だけでなく、若い女性の持つ強さやしたたかな魅力を表現する。1960~70年代のロックやサイケデリクスなアート、ヒッピーイズムを主体としたサブカルチャーと、素材や加工技術などの物づくりへの徹底したこだわりが特徴。Tシャツ・デニムなどが人気商品。

ヒステリック・グラマーが展開するライン

「Hysterics(ヒステリックス)」 レディース・ハイエンドライン

「Thee Hysteric ×××(ジィ ヒステリック トリプルエックス)」 メンズ・ハイエンドライン

「HG(ヒステリックグラマー・メンズ)」 メンズライン

「HYSTERIC MINI(ヒステリック・ミニ)」

「JOEY HYSTERIC(ジョーイ ヒステリック)」 キッズライン

「ANDY WARHOL BY HYSTERIC GLAMOUR(アンディ・ウォーホル バイ ヒステリックグラマー)」 ANDY WARHO

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。