GRAMICCI

グラミチについて

ブランドについて

アメリカのスポーツカジュアルブランド。
1970年代に"ストーンマスター"と呼ばれ、ヨセミテロッククライミングをリードしてきたマイク・グラハム氏が、当時のクライミングウェアには満足できず、独自の手法で機能性に富んだウェア作りに着手したことがはじまり。1982年にはカリフォルニアの小さな倉庫で"GRAMICCI"を設立。180度自然な開脚を可能にしたガゼットクロッチと、片手で簡単に調節できるWebbingベルト、そして、ゆったりとしたシルエットが特徴のグラミチパンツ・グラミチショーツは、クライミングパンツの代名詞的存在として、たちまち全米に広がり、日本でも受け入れられている。親しみやすいランニングマンロゴは、カジュアルウェアとしても認知され、現在では海や山のアウトドアシーンからタウンユースにまで幅広く対応できるシンプルかつ こだわりのデザインで不動の地位を得ている。
また、エコ活動にも積極的に取り組み、ヘンプやオーガニックコットン、リサイクル材など環境に考慮したライン『GREENICCI(グリーニッチ)』を開発。消費者へのエコ商品の提供を広げている。
現在ではカラー展開も豊富で、流行に即したデザイン性も人気である。日本では兼松繊維株式会社がライセンス生産を行っている。

グラミチのブランドヒストリー

1982年マイク・グラハム氏が設立。

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。