Gloverall

グローバーオールについて

ブランドについて

ダッフルコートの代名詞ともいわれる、1951年に創立されたイギリスのブランド。
前身である「モリス・ファミリー」は、高級テーラーを正業としていたが、英国国防省の委託により、第二次世界大戦の終戦と共に不要となったダッフルコートや手袋を販売し、人気を博すこととなる。そこで自社製ダッフルコートの生産を開始し、社名を「Gloverall(グローバーオール)」に改名。英国海軍の軍服として採用されていたダッフルコートを、タウンウェアとしても耐え得るデザイン、素材、シュルエットへと変化させていった。現在も上質なメリトンウールやヘリンボーンなど、最高の素材を使用し、英国職人の技術で、妥協を許さない商品を作り上げるグローバーオール社の哲学は50年以上たった今でも受け継がれ、さまざまなシーンで活躍するコートとして、世界でもトップに君臨し続けている。その製品は40以上の国に輸出され、2008年には、セカンドライン『Gloverall Royal(グローバーオール・ロイヤル)』をスタート。更なる人気を博している。

グローバーオールが展開するライン

Gloverall Royal

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。