GIORGIO BRATO

ジョルジオブラートについて

ブランドについて

2003年に創立したイタリアのファッションブランド
樹脂や自然の植物のみを利用するベジタブルタンニングという手法に優れており、 ベジタブルやワインを混ぜるなどオーガニックな独自の手法による染色、風合いは世界唯一のものとして高い評価得る。 レザーは使い込むごとに自然な風合い、独特の味わいと色の変化がでて、柔らかくなる性質を持つ。
タンニング技術は、友人が壁にペイントしていたときの手法(この手法は、壁に塗るペンキに果物を混ぜ合わせると、ナチュラルで独特な風合いが出るというもの)
からインスピレーションを得る。
現在、メンズライン、レディースライン、アクセサリーラインのコレクションを展開。
レザーをメインとしないライン「WLG by GIORGIO BRATO」も展開している。

ジョルジオブラートのデザイナーについて

GIORGIO BRATO/ジョルジオ・ブラート
1967年 イタリア出身
イタリアの革職人の家系に生まれる。
レザー職人として約20年の経験を持つ
2003S/Sシーズンより、父親から事業を引継く。その際、自身の名を冠したブランド「 GIORGIO BRATO 」設立。

ジョルジオブラートのブランドヒストリー

2003年 GIORGIO BRATO創立

最終更新:

※本サイトでは最新情報を掲載するよう心がけておりますが、間違いや古い情報が掲載されている場合がございます。あらかじめご了承ください。掲載情報に間違いを発見した場合は、修正フォームからお問い合わせください。